知識 薄毛

薄毛(ハゲ)と遺伝は関係ない?

更新日:

「オヤジは見事にツルッパゲだから絶対に俺もハゲる!」と不安を抱えている男性もいれば「爺さんも親父もフサフサな髪の毛なのに、なぜ俺だけ薄毛なんだ!」と嘆いている男性もいます。

ハゲや薄毛は遺伝子が関与していると聞いても、これらの状況を見ると本当に関係しているのか疑問を抱く男性もいるはず。

そこで今回は「薄毛(ハゲ)と遺伝は関係ない?」と題し、このサイトを運営しているスタッフの1人である私が薄毛やハゲと遺伝子の関係について説明します。

遺伝で「5αリアクターゼ」の分泌量が違ってくるという事実

結論から言うと、薄毛やハゲは遺伝子が影響しています。

AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンのテストステロンが5αリアクターゼⅡ型と結合することによってジヒドロテストステロンに変わり、これが毛乳頭に達するとヘアサイクルを短くしてしまうことから発症します。

テストステロンは男性によって多少の差はあるものの、男性であれば誰でも分泌します。それなのに薄毛になる男性と薄毛にならない男性がいるのは5αリアクターゼⅡ型の分泌量が異なるからで、しかも分泌量は遺伝による個体差の違いが発見されているのです。

薄毛がたとえ遺伝であっても5αリアクターゼⅡ型の分泌を抑えればいいのではないか?とAGAで悩む男性は思うでしょう。しかし意味もなく身体機能が5αリアクターゼⅡ型と男性ホルモンのテストステロンを結合させることはないのです。

テストステロンは加齢とともに減少します。そのため5αリアクターゼⅡ型は減少するテストステロンと結合して少量でも強力なジヒドロテストステロンを生成します。AGA治療薬には5αリアクターゼを阻害する成分が含まれていますが、その副作用に性欲減退や勃起不全などがあるのはテストステロンの減少と同時にジヒドロテストステロンの生成が行われなくなるからなのです。

昔からハゲは精力が強い、という都市伝説がありますね。

あながち完全な都市伝説とも言えずAGAの仕組みに当てはまっている部分を持っています。

 

両親両方の親戚にAGA発症者がいたら薄毛になる確率は80%!?

5αリアクターゼⅡ型の分泌量が遺伝で決まるのなら、本来、父親がフサフサの毛であれば息子もフサフサになるはずですが、そうならずに息子が薄毛に悩まされるケースもあります。

これは染色体を調べることによって判明します。

性別は23組目の染色体によって決まります。XXなら女性、XYなら男性ですね。つまり男性はY染色体を父親から、X染色体を母親から受け取ることになります。5αリアクターゼはX染色体での活性力が強いため、母方の祖父がAGAの影響を受けていると隔世遺伝の可能性が強くなります。

母親は女性のため、遺伝の影響を多少受けても薄毛で済みますが、その遺伝子を含んだままなので息子が薄毛の影響を受けることになります。

ちなみに母方の祖父がAGAの場合、男性の孫が発症する確率は25%、父親の親族にいる場合は50%、そして父親と母親の両方にAGAの親族がいると発症確率は80%まで高まると言われています。

 

祖父や父親の頃と違って今は植毛クリニックに頼る時代

AGAに遺伝が大きく関わっているとしたら、AGAの対策は無意味、薄毛は治らないのではないかと考えるのは早計です。AGAがクローズアップされてきたのは最近のこと。

つまり母方の祖父や父親の時代はAGAと呼ばれず単なる薄毛やハゲで済まされていたのです。

現在は植毛クリニックで血液検査をすれば遺伝傾向やAGAの可能性がわずかの日数で分かりますし、薄毛の状態から育毛まで期待できるAGAの治療薬も開発されています。

またAGAによっておでこの面積が広がった、頭頂部が薄くなってきたといったケースには最善の対処法である植毛施術もあります。けっして遺伝だからといって悲観的にならず、まずは植毛クリニックへ行って事前カウンセリングを受けてください。

逆に、AGAが遺伝によって引き起こされるなら自分の家系にハゲがいないので大丈夫、と安心するのも早計です。AGAの原因は他にもあるのです。

不規則な生活習慣、栄養バランスが崩れた食生活、ストレスの多い環境では男性ホルモンのバランスが崩れてジヒドロテストステロンが増加することもあります。手遅れとなる前に頭皮のケアをきちんと行ってください。

 

まとめ

遺伝に関わらず薄毛が気になり始めたら植毛クリニックに行って相談するのがベストです。各クリニックが行っている事前カウンセリングはほとんどのところが無料なので、気軽に訪問してください。

ただし、どの植毛クリニックも同じというわけではありません。

AGA治療にしても植毛手術にしても、どちらも外科医療です。信用できるところを選ばないと満足な結果を得ることができません。とくに植毛手術は医師の技術力が仕上がりを大きく左右します。

AGA治療は審美目的なので健康保険が効かず、自由診察となります。

治療費はけっして安くないのでクリニック選びは慎重に行ってください。

 

-知識, 薄毛
-, , , , , , , , ,

Copyright© shokumou-online , 2018 All Rights Reserved.