植毛 知識

薄毛治療に効果的な「自毛植毛」の魅力

投稿日:

現在、AGA(男性型脱毛症)による薄毛やハゲの治療には飲み薬や塗り薬があります。

基本的にAGAの薬は医師の処方箋が必要ですが、最近では薄毛やハゲの治療に効果的な成分を含んだスカルプケアの商品も販売されており、処方箋なしでも治療できるようになっています。

しかし薄毛対策用AGAの薬は効き目に個体差があるため、万人の薄毛やハゲに効果があるとはいえないのが現状です。

AGAの薬で薄毛対策の成果が見られない時、薄毛やハゲに対してもっとも効果的なのが自毛植毛です。

そこで今回は「薄毛治療に効果的な「自毛植毛」の魅力」と題し、自毛植毛が薄毛対策として優れている点を、このサイトの運営スタッフであり、自毛植毛の施術経験者である私が紹介します。

副作用で育毛効果が発見された「AGA医薬品」

現在、薄毛対策用AGAの薬として成分が認められているのは主に「フィナステリド」と「ミノキシジル」、「デュタステリド」です。

 

フィナステリド前立腺肥大症や前立腺ガンの治療薬として開発されましたが、薄毛を発症させるAGAの原因となる5αリダクターゼⅡ型の働きを阻害する効果があることからAGA治療に有効な成分として有名になり、現在は「プロペシア」や「フィンペシア」などの商品名で販売されています。

 

ミノキシジル高血圧患者向けに開発された成分で、血管拡張の効果があります。使用した薄毛患者の副作用として発毛が認められたことからAGA治療薬に使われ、「ロゲイン」の名称で販売されている他、塗布剤として「リアップ」が第1種医薬品の扱いで市販されています。

 

デュタステリドはもっとも新しいAGA治療薬として承認されています。フィナステリドと同じく前立腺肥大のために開発された成分ですが、5αリダクターゼⅡ型だけでなくⅠ型も阻害し、Ⅱ型に関してはフィナステリドの3倍効果があると言われています。商品名は「ザガーロ」です。

 

自毛植毛を行うクリニックでは、これらのAGAの薬を患者の薄毛状態に合わせて処方します。

 

すべての人が育毛効果を実感できるわけではない

薄毛対策用AGAの薬は前述したように、他の疾患を治療する役目で開発された有効成分がAGAに効果を発揮したことによって商品化されています。

AGAを根本から治療するのではなく、テストステロンと結合してジヒドロテストステロンを作り出す5αリダクターゼⅡ型の働きを阻害したり、頭皮下の毛細血管を拡張させて栄養を毛母細胞に届かせるといった作用しかありません。

 

つまり薄毛の部分を濃くすることはできますが、すでに毛母細胞がなくなってしまった株、つまりハゲている部分には効果がないということです。またAGAの薬は薄毛やハゲの万人に確かな効果が与えられるわけではなく、中にはAGAの薬の効果がまったく見られない人もいます。

 

AGAの薬で効果が少ない、あるいはまったくないという人には自毛植毛の施術が最適となります。

自毛植毛の施術はAGAの影響を受けない側頭部や後頭部にある株(毛母細胞から毛が生えている部分:グラフトとも呼ぶ)を薄毛やハゲの部分に移植するので、厳密に言うと治療ではなく審美目的の外科手術です。

しかし、自毛植毛の施術をすることによって薄毛やハゲの部分に自毛が生え、AGAの薬では成果が得られなかった育毛ができるのですから、大局的に見れば自毛植毛も治療方法のひとつといえます。

 

株を植え込んだ部分は半永久的に育毛が行われる

薄毛やハゲの治療のひとつである「自毛植毛」のメリットは、副作用がないことです。

 

薄毛対策用AGAの薬には性欲減退や勃起機能の低下、身体のむくみなどの副作用が発症する可能性がありますが、自毛植毛は株の植え替えを行うだけなので、これらの症状が出ることはありません。

またAGAの薬は根本治療ではないのでAGAが広がらないように服用や塗布を継続しなければなりませんが、自毛植毛は株を植え込む面積がよほど広くない限り、1回の施術で植毛した部分は年齢の衰えと同調していくので治療の継続が必要ありません。

植毛のための施術費用は審美目的なので健康保険が使えないため高額になりますが、AGAの薬もQOL(Quality of life:人生に幸福を見出すための尺度や概念)のためのクスリなので健康保険は使えません。

 

1回の検診や治療薬の費用は安くてもはっきりした効果が見られず、それを継続していかなければならないことを考えたら、むしろ自毛植毛の方が安く上がることになります。

 

市販の「リアップ」やAGAの薬で効果が上がらないと感じている人は自毛植毛の検討をおすすめします。

 

まとめ

AGAの薬はQOLのためのクスリなので海外ではドラッグストアで販売されています。

日本では薬事法の関係で使用するためには医師の処方が必要になります。つまりバイアグラと同じですね。そしてバイアグラのように輸入代行店に依頼して海外からAGAの薬を取り寄せる人がいます。

違法行為ではありませんが、あくまでも個人責任。

AGAの薬は前述したように副作用があり、時には重篤な事態を招くこともありますが、個人輸入の場合に副作用が起きても、すべて責任は服用した個人にかかってきます。

AGA治療を安く済ませたい気持ちは分かりますが、リスクを犯してまで育毛するくらいなら最初から自毛植毛に踏み切った方が安心・安全です。

AGA治療は髪だけでなく健康全般に渡ることなので、自毛植毛にするかAGA治療薬を継続するか、医師とよく相談して決めてください。

 

-植毛, 知識
-, , ,

Copyright© shokumou-online , 2018 All Rights Reserved.