薄毛

薄毛になる原因って何なの?

投稿日:

薄毛はAGA(男性型脱毛症)、粃糠性(ひこうせい)脱毛症、円形脱毛症が原因で進行します。

このうち、円形脱毛症を引き起こす原因は今のところはっきりしていませんが、ほとんどの場合は自然治癒し、粃糠性脱毛症は頭皮の皮脂分が異常に多く分泌されることで感染症を引き起こすため、頭皮を清潔にすることで薄毛の進行を止めることができます。

しかしAGAは年齢とともに進行が進んでいくので自然治癒は望めません。

その対処法は最近になっていろいろと発見されていますが、なぜAGAで薄毛になるのか、それをはっきりと分かった方がベストの対処法を見つけることができます。

そこで今回は「薄毛になる原因って何なの?」と題し、薄毛の主な原因となるAGAの仕組みについてSHOKUMOU-ONLINEを運営しているスタッフの1人である私が説明します。

AGAはテストステロンの減少から起こる症状

髪の毛は頭皮下にある毛母細胞が分裂することによって伸びていきます。この分裂を指示するのが毛乳頭。頭皮下から毛乳頭までを一般的に毛根と呼んでいます。

 

毛乳頭は頭皮下の毛細血管とつながっており、細胞分裂のための栄養を吸収すると同時に、男性ホルモンのテストステロンによって守られています。

 

しかし、加齢や不規則な生活、また遺伝子の作用によってテストステロンが減少すると前頭部や頭頂部に存在する5αリダクターゼⅡ型と結合しやすくなり、結合するとジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに変化します。

DHTが毛母細胞内に入ると、今度は細胞分裂の司令を出す毛乳頭内に存在する男性ホルモン受容体と結合して毛母細胞分裂を抑制、かくして薄毛が始まっていくわけですね。

 

これがAGAの仕組み。

 

男性ホルモンのテストステロンが変化することから男性型脱毛症と呼ばれています。

ちなみにテストステロンは髪を太く元気にする作用があり、女性ホルモンのエストロゲンはヘアサイクルを長くする作用があります。

男女ともにどちらのホルモンも体内にあり、女性の場合は加齢によるエストロゲン減少でテストステロンが強くなることが原因で男性型脱毛症を引き起こすことがあります。

 

この場合、「女性男性型脱毛症(FAGA)」と呼ばれます。

 

「5αリダクターゼⅡ型」の分泌には個人差がある

男性の場合、テストステロンの分泌量に大差ないと言われています。

しかし年齢とともに薄毛の男性とそうでない男性がはっきりと分かれます。テストステロンの量が同じなのに、なぜ差がでるのか?と薄毛の人なら誰でもそう思うはず。

 

薄毛の人はテストステロンの量ではなく5αリダクターゼⅡ型の分泌量が多く、しかも活発に活動していることが最大の原因です。

 

これなら薄毛とそうでない男性がいる原因に理由がつきますね。

なぜ5αリダクターゼⅡ型の活発性に差があるのか現在のところ原因は判明していませんが、5αリダクターゼⅡ型は優性遺伝が原因であると分かっています。

5αリダクターゼの優性遺伝は母方から受け継がれるため、母方の父や祖父に薄毛やハゲの男性がいれば、薄毛の人は遺伝による結果と見ていいでしょう。

 

AGAが原因であれば自毛植毛がベストの対処法

AGAは加齢とともに減少するテストステロンとシンクロして進行していきます。

この原因を防ぐための手段としてはAGA治療薬があります。

フィナステリドという成分が入った商品名「プロペシア」はテストステロンと結合する5αリダクターゼⅡ型の分泌を抑制する効果があり、ミノキシジルの成分が入った「ロゲイン」や「リアップ」は頭皮下の毛細血管を拡張させて毛母細胞を活性化させる効果があります。

 

ただし、これらのAGA治療薬は進行を止めることはできても原因の根本解決までは対応しておらず、また個人によって効果が異なります。

 

AGAを原因とする薄毛の最適な対策方法は自毛植毛です、側頭部や後頭部にある5αリダクターゼⅡ型の影響を受けない毛母細胞が入った毛根(これを株と呼びます)を採取し、薄毛の部分に埋め込むので、DHTに干渉されることなく半永久的に元気な毛を生やし続けます。

 

AGAを原因とする薄毛が気になり、AGA治療薬で思ったほど効果が上がらなかった時は自毛植毛の検討をおすすめします。

 

まとめ

薄毛の原因はかなり解明されていますが、なぜ個人差で5αリダクターゼⅡ型が活発化するのか、遺伝子の作用にしても発生する確率が不明確など、まだ解明されていない点が多く残されています。

またAGAを原因とする薄毛対策としてフィナステリドやミノキシジルといった有効成分が発見されていますが、こちらも本来は前立腺肥大や血管拡張を目的とした副産物なので原因に対する根本治療にはいたっていません。

ヘアケア市場は拡大傾向にあるのでいずれ、これらの問題は解決すると予想されますが、現段階で薄毛対策でもっとも有効な手段は自毛植毛といえます。

AGAを原因とする限り、ほとんどの男女が薄毛を解消できます。

 

-薄毛
-, , , ,

Copyright© shokumou-online , 2018 All Rights Reserved.