知識 薄毛

薄毛が目立たないカラー(髪色)を徹底解剖!

投稿日:

AGA(男性型脱毛症)が進行すると、治療を受けるか様子見するか迷うところですね。

様子見の男性は自分で育毛剤やアミノ酸系シャンプー、さらにAGA治療薬まで手を出すことになり、結局は治療に行くわけですが、様子見の段階ではヘアスタイルや髪色についてもあれこれ迷っている姿をよく見かけます。

そこで今回は、このサイトを運営しているスタッフの1人である私が「薄毛が目立たないカラー(髪色)を徹底解剖!」と題し、AGAが進行した状態で髪を染めるのは薄毛を目立たせることに役立つのか、また染めるとしたらどのような色がいいのか検証します。

薄毛が目立たないカラー(髪色)は明るいブラウン系

薄毛が進行して毛を染められるのは企業勤めしていない、または職場で毛染めが許されている男性限定になります。かなり条件が限られるので、毛染めが許されていない会社に勤めている男性は髪型を工夫して薄毛をカバーしてください。

結論から言うと、薄毛が目立たないカラー(髪色)は明るいブラウン系です。ブラウン系のカラー(髪色)であれば地肌や髪の生え際が目立ちません。

ただし、いきなりカラー(髪色)を変えるとイメージまで変わり、周囲から訝しがられて返って薄毛を強調することになりかねません。

明るいブラウンはそれまで黒のカラー(髪色)だった男性の場合、すいぶんと印象が変わるので、いきなり明るいブラウンにするのではなく、始めは濃い目のブラウンにして少しずつ明るくしていった方が無難です。

また明るいブラウン系のカラー(髪色)にするなら、髪型も一緒に変えるようにしましょう。明るいブラウン、それから薄毛の両方をカバーできるヘアスタイルはトップを長めにして両サイドを短く刈り込むツーブロックです。

ただしトップは後ろに流すのではなくモヒカンのようにワックスで立てれば薄毛が目立ちません。

 

明るいブラウンが似合う人と似合わない人

明るいブラウン系のカラー(髪色)は確かに薄毛を目立たなくさせることができますが、男性でも女性でも似合う人と似合わない人がいます。とくに男性で薄毛が目立つ30歳以上の場合、ヘアスタイルだけでなくファッションもカラー(髪色)に合わせてオシャレしないと安っぽくて危ない雰囲気だけになってしまうので注意が必要です。

男性で明るいブラウン系が似合わないタイプは細面で草食系の顔立ちです。髪型は自然なストレートが似合うタイプなので、ツーブロックにして髪をボリューミーにすると頭部が目立ってアンバランスな顔立ちになってしまいます。

顔立ちが濃い目でヒゲを生やしている男性も似合いません。眉毛やヒゲが黒で目立つため、明るいブラウン系にするとやはり全体のバランスが悪くなります。

では、薄毛でもどのようなタイプが似合うのかというと、顔の下半分に安定感のある顔立ち、つまりホームベース型や四角形、あるいは丸型であれば明るいブラウン系のカラー(髪型)が似合います。

これらの顔立ちは頭部にボリュームを出しても似合うため、明るいブラウン系のカラー(髪型)にしてツーブロックのヘアスタイルにしてもバランスが取れるのです。

明るいブラウン系のカラー(髪色)で染める前に、まず自分の顔立ちを確かめた方が賢明です。

 

毛染めは髪質が痛むことを予め覚えておく

毛染めは美容院ではもちろんのこと、自分でもできます。美容院で毛染めをする時は美容師に、正直に薄毛を目立たないようにしたいことを告げた方が適切な毛染めをしてもらえるはずです。

自分で毛染めをする場合、毛染めの方法にはいろいろな種類があることを先に覚えておいてください。一般的な毛染めは2つの溶剤を混ぜて使いますが、髪の量が少ない男性は上手に毛染めをしないと頭皮まで染めてしまうので、毛染めに慣れるまではできるだけ簡単な方法を選んだ方が無難です。

最近はメンズ用として、ブラシにワンプッシュするだけで適量の染料が出て、それを髪に撫でるだけというタイプも販売されています。これらを使えば比較的簡単に毛染めができます。

ただし毛染めはAGAの進行に直接関わることはありませんが、基本的に髪質を痛めます。AGAによる薄毛の場合、毛乳頭が弱っている部分は必然的に髪質が変形して細くなったり縮れたりします。その部分をカラー(髪色)で痛めるのですから、さらに細くなったり不自然に歪んだりするので、見た目が悪くなることもあります。

ちなみに女性が好感を持つ男性のカラー(髪色)は圧倒的に黒。薄毛を目立たなくさせるために染めるよりも、さっぱりと短くして清潔感を出した方が確実にモテます。

 

まとめ

薄いブラウン系のカラー(髪色)で毛染めをするのは薄毛を目立たなくさせるために若干、有効な手段となりますが、結局のところ毛が増えるわけではなく、AGAは着実に進行します。

髪が薄くなり、ハゲる部分が広がるほどAGA治療薬の効果は薄れ、また植毛手術も難しくなって費用も高くなります。AGAの進行具合を様子見したい気持ちは分かりますが、あまり効果的でない対処法をするよりも早めに治療した方が精神的にも安心できます。

毛染めを考えたら同時にAGAの治療も考慮することをおすすめします。

 

-知識, 薄毛
-, ,

Copyright© shokumou-online , 2018 All Rights Reserved.