植毛

自毛植毛の費用はいくらかかるのか?

投稿日:

薄毛対策には自毛植毛が最強の方法とわかっていても、なかなか施術に踏み出せない理由のひとつに費用の問題があります。

いったい、いくらかかるのか?

このサイトの運営スタッフの1人である私は植毛経験者ですが、自毛植毛する前はこの費用問題でずいぶん悩みました。

施術方法、植え込む面積、クリニックによって自毛植毛の料金が異なり、調べるほどに迷宮へ入ってしまったのです。迷うほどストレスが溜まり、薄毛を促進するような状況に陥ってしまったので、費用に不安を覚えながらも思い切って自毛植毛の施術に踏み切りました。

自毛植毛は早いほど植毛面積が少なくなり、費用も抑えられます。

自毛植毛を考えている男性は迷うより早めに決断し、施術を受けた方が費用面で経済的ですし、その効果も実感できるはずです。

そこで今回は「自毛植毛の費用はいくらかかるのか?」と題し、自毛植毛の費用に関する情報を紹介します。

施術方法や面積によって自毛植毛の費用は異なる

結論から言うと、費用は150〜200万円が目安です。

 

AGA治療に比べると自毛植毛の費用が割高に感じる男性もいると思いますが、この費用、カツラに比べるとかなり格安です。個体差はありますが、自毛植毛施術が1〜2回で済むので、カツラのように定期的なメンテナンス費用を必要としません。

 

AGA治療のように飲み薬や塗布剤、育毛シャンプーを買い続けることもなく、この費用だけで自毛が育つと考えれば薄毛対策における費用コストパフォーマンスはもっとも優れているといえます。

 

自毛なのでカツラのように薄毛を隠しているという負い目はありませんし、AGA治療のように本当に発毛するのかといった不安もありません。

たとえ1回当たりの費用が安くても、それをいったいいつまで続けるのかと思えば自毛植毛の方が精神的負担が軽くなることは容易に想像がつくでしょう。

 

施術費用が変わる条件をしっかりと把握しておく

自毛植毛にかかる費用が一定していないのは植毛方法と面積によって変わるからです。つまり同一クリニック内でも方法と面積で個人差が生じるわけですね。

まずは自毛植毛の方法と面積の関係について解説します。

自毛植毛といっても自毛を直接植えるわけではなく、毛根のある株と呼ばれる部分を頭皮から切り離し、薄毛の部分へ植え込みます。

この株を植え込む方法には2つあり、それぞれFUT方式とFUE方式と呼ばれており、費用が異なります。

それぞれの特徴を以下に記したので参考にしてください。

 

FUT方式

側頭部や後頭部などAGAの進行と比較的無関係で株が豊富にある部分から皮膚を横長に株ごと切り取り、株だけをドナーとして採取、薄毛の部分に植え込む方法です。皮膚を切り取る面積は株を植え込む数にもよりますが、一般的には縦1cm、横10cm程度です。

 

メリットは株数が多いので広い面積へ植毛する施術に向いており、毛根までしっかりと切り取るので定着率が85〜95%と高いことが上げられます。

 

デメリットとしては皮膚をメスで切り取るので傷跡が残ること、術後はしばらく安静が必要なことです。

一般的には次に紹介するFUE方式よりも費用が安く設定されています。

 

FUE方式

株を専用器具のパンチでひとつずつくり抜き、それを薄毛部分に移植する方法です。

 

メリットは株だけを抽出するので術後は傷跡が残らずドナー抽出部分が自然な感じで残ること、術後でも比較的速やかに日常生活を送れること。

 

デメリットとしては株をひとつずつ抽出するので時間がかかるため、広い面積へ植え込むには施術が1回で終わらないこともあります。クリニックによって異なりますが、1回の施術では1000〜1500株が限度ともいわれています。

また採取した株の定着率はFUT方式よりも悪くなり、75〜85%程度になります。FUT方法よりも費用が高くなります。

 

自毛植毛の面積

ひとくちに1500株といわれても、それでどのくらいの範囲をカバーできるのか普通の男性では理解できませんよね。もっとも知りたいのは「自分の薄毛にはどれくらいの株が必要なのか」ということ。

生え際の後退が初期状態であれば約1000株で補えます。

 

しかし薄毛が頭頂部近くまで進行していると1500株、薄毛ではなく髪がない状態では2000株が最低ラインとなります。

 

頭頂部が薄毛の場合は円の直径にもよりますが、最低で2000株、面積が大きいと2500〜3000株が必要になります。

クリニックではFUT方法、FUE方法それぞれ1株当たりの金額が明記されているので、必要な株数と1株当たりの金額をかければ必要な費用が算出できます。

 

クリニックによっても大きく異なる施術費用

自毛植毛は1株当たりの値段はわずかでも植え込む株数が多いので、面積は費用にもっとも影響する問題。

基本的には各クリニックで医師と相談しながら自毛植毛の範囲と施術方法を決めますが、ここで費用のことを考えて面積を小さく、株数を少なくすると自毛植毛が中途半端に終わり、満足できない結果に終わってしまいます。そうなると追加の施術が必要になり、かえって不経済。

自毛植毛は施術後のメンテナンス費用がカツラのようにかからないので、思い切って満足できる結果を導くため、費用をかけて施術を行った方が効果的です。

そのためには自分の薄毛状態に対する自毛植毛にどのくらいの費用がかかるのか予想できれば、少しは不安も薄まるというもの。

誰でも簡単にできる自毛植毛にかかる費用の算出方法を以下に紹介します。

 

“サランラップ”で自分の植毛面積を測ってみる

用意するのはサランラップに方眼用紙、それから油性マジックと鏡だけです。

まずサランラップを頭の大きさ程度に切り、鏡を見ながら頭にぴったりと貼り付けます。

 

この時、できるだけシワを寄せず空気を入れないようにしてください。

 

次に鏡を見ながら自毛植毛したい部分を油性マジックでサランラップの上から書き込みます。

サランラップが丸まらないように頭から剥がし、方眼用紙の上に乗せます。
あとは油性マジックで書き込んだ部分の面積を計るだけです。

 

1㎠で約50〜60株が必要といわれているので、30㎠であれば約1500〜1800株となり、1株1,200円であれば必要とされる金額は180〜216万円ですね。冒頭で費用は200万円が目安、といったのはこの計算を基準として算出しています。

 

複数のクリニックを回って自分に最適なところを選ぶ

ただし、1株当たりの金額は植毛方法によって異なり、クリニックによっては基本料金として別途20万円が必要なところもあります。

したがって施術を行うクリニックの選択で料金は大きく異なってきます。

 

また自毛植毛は外科手術です。クリニックの医師の技量によって定着率や術後の経過、仕上がりにも差が出てきます。満足のいく結果を求めるのであれば、ひとつのクリニックで即決めするのではなく、いくつかのクリニックを回り、自分に最適な予算で自毛植毛できるクリニックを選んでください。

 

自毛植毛はどのクリニックでもいきなり施術するということはなく、必ずカウンセリングを行います。

この時、自分が予め測っていた範囲よりも大きい面積を勧めたり、料金が高かったり、施術方法を限定したりする医師であれば要検討です。

優れた医師は患者の意思を尊重して、できるだけ患者の要望に合わせ、また患者の予算に合わせた形に努めています。

自毛植毛にかかる費用に関する口コミや実績も重要ですが、最終的には医師がどれだけ患者に対して親身になっているか、それを判断して決めましょう。

 

まとめ

外科手術とはいえ料金がこれほど高いのは、自毛植毛が審美目的であり、生命的危機に関わる病気ではないため健康保険制度が適用されないからです。

美容形成外科と同じ扱いですね。

確かに両方とも生命に関わることはありませんが、状況によっては精神的苦痛が大きく日常生活に支障をきたすこともあります。現段階では健康保険の適用外ですが、自毛植毛によって日常生活が明るい方法に変わるなら、けっして高い費用にはなりません。

 

最近はクリニック側も自毛植毛の予算のために分割払いを採用しているところも増えてきました。
まとまった施術予算を用意できない男性にとっては朗報でしょう。

 

薄毛に悩み、自分で解決しようと市販のシャンプーや育毛剤を使っているうちに、それらの金額はすぐに自毛植毛の費用に追いつき、場合によっては追い越してしまいます。それで薄毛が解決できれば良いのですが、ほとんどの場合は進行を止めることができても薄毛の部分を濃くするところまで至りません。

料金の面も含め、まずは医師から自毛植毛のカウンセリングを受けた方が薄毛の悩みに対して1歩前進するはずです。

-植毛
-,

Copyright© shokumou-online , 2018 All Rights Reserved.