植毛 知識

植毛部分に整髪料(ワックスなど)をつけても問題ないの?

投稿日:

ワックスをつけてソフトモヒカンのヘアスタイルにしたい!

これ、薄毛で悩む人に取って叶わぬ夢でもあります。薄くてコシのない細い毛でソフトモヒカンにすると頭皮が見えて、本当のモヒカン頭になってしまうのです。

この夢を叶えるのが髪の密集度を高めて元気な毛を生やす自毛植毛。

しかし自毛植毛の施術後、ワックスを含めた整髪料は使ってもいいものでしょうか?

そこで今回は自毛植毛の経験者であり、このサイトの運営スタッフの1人でもある私が「植毛部分に整髪料(ワックスなど)をつけても問題ないの?」と題し、自毛植毛施術後の整髪料に関する疑問を解決します。

整髪料をつけるのは株が定着するまで我慢すべき

整髪料にはワックスを始め、泡状のフォームや水溶性ポマード、ヘアスタイルをかっちりと決めるスプレーなどいろいろな種類がありますが、結論から言うと施術後、株が定着するまでは植毛した部分への整髪料は使わない方が賢明です。

 

株が定着するまで約1〜2週間かかります。

 

その間、株を植え込むために頭皮に穴を開けた部分が完全に塞がっておらず、化学成分の入った整髪料を植毛部分に使うと穴の中に入り込んで炎症を引き起こし、せっかく植え込んだ毛母細胞が損傷して二度と毛が生えてこなくなる可能性があります。

 

クリニックによって、また個人差で定着期間の差はありますが、2週間経てば確実に穴は塞がります。

 

それまで整髪料の使用は控えるようにしましょう。

 

寝癖を直すのは整髪料ではなく水で行う

自毛植毛の施術後、やはり気になるのは株の採取跡や植え込んだ部分の出血跡。

赤いボツボツが頭皮に広がっていると隠したくなるのは自毛植毛の施術をした人の共通な気持ちです。

薄い既存毛で隠す場合、ヘアスタイルを自由に変えられる整髪料の力を借りたいところですが、やはりワックスや水溶性ポマードは既存毛につけているつもりでも時間が経過すると頭皮に達してしまい、植毛部分に影響を及ぼしてしまいます。

 

どうしても整髪料を使って採取跡や出血跡を隠したい時は「フォーム」がベスト。

整髪料の成分が泡状になっているので頭皮につく心配が軽減されます。

 

ただし、フォームをつけた時は必ず寝る前にきちんと洗髪することを忘れないようにしてください。既存毛に少しでもフォームが残っていると時間の経過で劣化し、フォームの成分によっては雑菌を繁殖させる原因にもなります。

なお、整髪料の下地作りや寝癖直しで効果が高いヘアウォーターはたとえ既存毛でも避けた方が賢明です。ヘアウォーターの多くは朝、すっきりした目覚めのためにメンソールといった刺激の強い成分や揮発性の高いアルコールが含まれており、既存毛につけているつもりでも植毛部分に浸透する可能性が高くなるからです。

 

既存毛の寝癖は水がもっとも効果的ですね。

 

髪をセットする時に強く引っ張るのは厳禁

移植した株が定着した後であれば、整髪料は何を使っても問題はありません。ただし、ワックスのように油性が強くて固めるタイプを使用する場合、移植した株から生えている毛を強く引っ張ると抜ける可能性があります。

とくに側頭部や後頭部の頭皮一部を切り取ってドナー株にするFUT方法の場合、毛が生えているままの株を移植するので自毛植毛の施術後にも毛が残っています。

 

しかし頭皮を切り取った際に毛母細胞は毛細血管から切り離されるため、株から生えている毛は強制的にヘアサイクルの休止期に入っているので、強く引っ張るだけで抜けてしまいます。

 

また強く引っ張ることが頭皮への刺激になり、移植した株に残っていた毛が全部抜けるショックロスを引き起こす原因にもなりかねません。

株が定着した後でも整髪料を使ったヘアスタイルのために頭皮へ刺激を与えることは避けた方が無難です。

 

頭皮から新しい毛が生えてきたら自由なヘアスタイルを!

自毛植毛した部分から既存毛が抜け、新しい元気な毛が生えてくるのは6〜9ヶ月後。完全に自分の毛母細胞から生えた毛なので既存毛と同じように整髪料を使っても、まったく問題はありません。

新しい毛は既存毛と長さが違っているはずなので一度、美容院や理髪店に行って髪の長さを揃えてから、ワックスでもフォームでも好きな整髪料を使ってヘアスタイルを楽しんだ方がいいですね。

 

整髪料だけではありません。髪を染める、パーマをかけるといった薄毛の時には抜け毛が気になってできなかったヘアスタイルにも挑戦することができます。

 

これが自毛植毛の最大のメリット。

ウィッグや増毛は自分の毛髪ではないので好きなヘアスタイルを自分で作ることができません。

ヘアケアさえしっかり継続して行えば、半永久的に自由なヘアスタイルを楽しめます。

 

まとめ

自毛植毛した部分から新しい毛が生えてきて美容院や理髪店に行く時、気になるのが株の採取跡や縫合跡。半年以上経つと目立たなくなっていますが、やはり刈り込むとわずかに目につきます。

美容院や理髪店はプロなので、頭皮の状態について最新の注意を払っています。

恥ずかしがるよりも、むしろ自毛植毛の施術を受けたと正直にカミングアウトした方が丁寧なカットやセットを行ってくれるはず。

整髪料に関しても好みのヘアスタイルに対してどのようなタイプが合っているのか教えてくれるでしょう。

馴染みの美容院や理髪店を作っておくのも、自毛植毛を長持ちさせるコツです。

 

-植毛, 知識
-, , , , ,

Copyright© shokumou-online , 2018 All Rights Reserved.