植毛 知識

植毛用語「メガセッション」を徹底解説

更新日:

アメリカの医師、ハミルトン・ノーウッド氏が定めたAGA(男性型脱毛症)の分類図でV型やⅥ型、つまり前頭部から後頭部にかけて薄毛やハゲが進行した場合、一般的な植毛施術ではAGAが解消されません。

では、どうすればいいのかというと、メガセッションを受けることになります。

ただし、メガセッションの施術を受ける場合、いくつかの制約があると同時にクリニックによって施術方法が異なってきます。

そこで今回は「植毛用語「メガセッション」を徹底解説」と題し、このサイトを運営しているスタッフのⅠ人である私が施術におけるメガセッションの内容を詳しく説明します。

「メガセッション」は決してやさしい施術ではない

一般的な施術ではノーウッド分類図におけるⅡ型やⅢ型、つまり額の生え際やⅢ型Vertexのように頭頂部の薄毛またはハゲに植毛するため、2,000〜2,500株が上限とされています。

まだ植毛施術の技術が発達していない頃は、この上限を超える株数を移植する場合、1回の施術ではなく複数回の施術を受ける必要がありました。しかし医師の技術と道具の進化によって上限を超える株数でも現在では1回の施術で可能になっています。これがメガセッションです。

 

植毛の株数を増やしただけでしょ?何がそんなに難しいの?と単純に考えるのは早計。移植する株数は増えるほど定着率が落ちる、つまりムダになる株が増えていくのです。これを避ける目的でメガセッションをこれまで受けない植毛クリニックがずいぶんありました。

 

逆にカンタンにメガセッションを受け、結果として患者が望む自然な仕上がりにならなかったトラブル例もあります。

メガセッションはけっしてカンタンな植毛施術ではないのです。

 

採取した株をスピーディに移植しなければ定着率が悪くなる

自毛植毛の施術はAGAの影響を受けない側頭部や後頭部から株を採取し、薄毛やハゲの部分に移植します。つまり現在の頭皮に残っている株の総数は変わらないわけです。

頭皮から株を採取すると、そこからは二度と毛が生えてくることはありません。ノーウッド分類でAGAがⅤ型やⅥ型に進行していれば当然、総株数は少なくなっているので、そこからメガセッション用の株を採取すると今度はその部分の毛髪が薄くなってしまいます。

株採取の方法としては、パンチグラフトと呼ばれる専用器具で株をひとつずつ採取するFUE方法と頭皮の一部を薄く切って、そこからピンセットで株を採取するFUT方法がありますが、メガセッションの植毛施術を行う多くのクリニックは側頭部や後頭部の採取跡を目立たないようにするために、両方を併用するのが一般的です。

しかしFUE方法はひとつずつくり抜くので株採取に時間がかかること、FUT方法は頭皮が柔らかくないと切り取った頭皮を伸ばすことができないので大量の株採取が不可能になるなどの問題点があります。

株の底部にある毛乳頭は毛細血管から切り離すとわずかの間で毛母細胞が壊れてしまいます。したがってメガセッションの場合、株を大量に採取しなければならないのと同時に、その大量の株をスピーディに植毛しなければならないという難しさがあるのです。

 

医師と患者の両方にリスクがある

ノーウッド分類でAGAがⅤ型やⅥ型まで進行していても、側頭部や後頭部からの株採取は最近の植毛技術の進化で6,000〜7,000株の採取が可能と言われています。したがってⅤ型やⅥ型でもほとんどの人がメガセッションの植毛施術を受けることができます。

これまで2回以上の植毛施術が必要とされていた患者、とくに植毛クリニックから遠方の人には嬉しい限りですが、施術はまったくリスクがないわけではありません。

施術は当然ながら長時間になります。

 

患者によっては疲労感を訴えたり、時には低血糖や脱水症状を起こすことがあるので施術前は体調の管理が重要になってきます。またクリニック側は植毛範囲が広いため、局部麻酔や精神安定剤の過剰投与に対して十分な注意が必要となります。

 

植毛施術を受ける場合はクリニックによる事前カウンセリングをしっかりと受け、どの部分からどのように株を採取し、植毛施術が終わるまでどのくらいの時間を要するのか確認してください。

 

その説明をきちんと分かりやすくしてくれる医師またはクリニックであれば信頼できますが、安易に勧めるクリニックは信用しない方が賢明です。

 

まとめ

メガセッションは大量の株を採取し、その部分からは二度と毛が生えず採取跡が残ります。

信頼できるクリニックであれば採取跡をできるだけ目立たないように採取しますが、信頼性の薄いクリニックでは採取跡が目立つばかりか、大量に採取した株を移植するのに時間がかかり、株の定着率を悪くさせる恐れもあります。

メガセッションは一般的な施術よりも人手が要るため、費用も高くなります。

その費用をムダにしないためにも、施術内容に納得できるクリニック選びが大切です。

 

-植毛, 知識
-, , ,

Copyright© shokumou-online , 2018 All Rights Reserved.