植毛 知識

植毛後もフィナステリドを服用すべきか?

投稿日:

AGA(男性型脱毛症)の代表的な服用治療薬といえばフィナステリドを主成分とした商品名プロペシアですね。プロペシアの有効性が認められたことからフィナステリドを配合したジェネリック薬品が次々と発売されており、AGA治療の費用も安く抑えることができるようになりました。

しかしフィナステリドを服用していても薄毛やハゲを改善できなかった人は大勢いて、そういった男性の対処法として最善なのが植毛施術です。植毛施術を受ければ薄毛やハゲの部分に確実に毛が生え、しかもその効果は半永久的です。

植毛施術を受け、薄毛やハゲが改善されると気になるのが、これまで服用していたフィナステリドを続けた方がいいのか?という疑問。

そこで今回は、このサイトを運営しているスタッフの1人である私が「植毛後もフィナステリドを服用すべきか?」と題し、植毛施術後のAGA治療について説明します。

フィナステリドが薄毛やハゲに効果を発揮しない理由

結論から言うと、フィナステリドの服用で薄毛やハゲの部分が改善されずに植毛施術を受けたとしても、フィナステリドの服用は続けた方が賢明です。

 

AGAはテストステロンと5αリアクターゼⅡ型という酵素が反応することによってできるジヒドロテストステロンが健康なヘアサイクルを阻害して脱毛を起こします。

フィナステリドはテストステロンと5αリアクターゼⅡ型の反応を抑える効果を持っていますが、すでにジヒドロテストステロンの影響で傷んでしまった、あるいは細胞が壊れてしまった毛根底部にある毛乳頭の回復までは期待できないと言われています。

個人差はありますが、薄毛やハゲの部分がフィナステリドで回復できなかったのは、すでに毛乳頭の組織が傷んでいる可能性があります。

 

植毛した部分は半永久的に生え続ける

一方、自毛植毛の施術は側頭部や後頭部といったAGAの影響を受けない毛乳頭を含む毛根(これを自毛植毛では株またはグラフトといいます)を、前頭部や頭頂部といったAGAの影響で薄毛やハゲになった部分へ移植するので、AGAによって薄毛やハゲになった人であれば男女を問わず毛を再生できるのです。

「新しく株を植え込んでも、またAGAの影響を受けてすぐに薄毛やハゲになるのでは?」と疑問を抱くのは当然ですね。せっかく高い施術の費用を払っているのに、すぐに脱毛するようでは施術の意味がありません。

 

安心してください。
施術した部分からは半永久的に自毛が生え続けます。

 

これは植毛に限らず外科手術による移植全般に共通するドナー・ドミナント効果があるからです。

移植する株(ドナー)はAGAの影響を受けません。

これをAGAの影響がある頭皮に植毛しても影響を受けない遺伝子が優先(ドミナント)されるため、半永久的に自毛が生え続けるのです。

しかし、施術した部分だけ黒々と健康な髪が生え続け、他の部分がAGAの影響を受けたらどうなるでしょうか?

 

「離れ小島」現象を防ぐために服用を継続する

移植した部分だけ健康な髪が生え、既存毛がAGAで薄毛やハゲになると境界線がはっきりとできるだけでなく、さらに進行すると植毛した部分だけ「離れ小島」状態になってしまいます。

境界線部分を目立たなくさせるためには植毛の再施術をしなければなりません。

 

この「離れ小島」現象を防ぐことにフィナステリドの服用継続が効果を発揮します。薄毛やハゲの部分からの発毛には個人差があるものの、既存毛で元気な毛乳頭を持つ株には予防の意味もあって効果を発揮してくれるわけです。

 

前頭部から頭頂部まで薄毛やハゲになってしまったことから施術を受けた場合、「はなれ小島」状態になることはありませんが、AGAの進行が初期段階だったことから額の生え際やM字型ハゲになってしまった人は時間の経過とともに「離れ小島」状態になる可能性は高くなります。

 

植毛面積が小さい人ほどフィナステリドの服用を継続してください。

 

なお、クリニックは必ずAGA治療を処方しています。事前カウンセリングを受けた段階で植毛面積にもよりますが、ほとんどの医師はフィナステリドを始めとするAGA治療の継続を勧めるはずです。医師の指示に従った方が無難です。

 

まとめ

施術を受けた後、AGA治療を継続するために医師の処方ではなくネットの輸入代行業者を通じて海外のフィナステリド配合の治療薬を購入する人がいます。

確かに海外から輸入代行業者を通じて購入すれば治療費は安く済みますが、購入は自己責任です。購入した治療薬によって副作用が発生した場合、販売元はもちろんのこと、輸入代行業者も責任は一切取ることがありません。

フィナステリドはAGA治療薬として開発されたわけではなく、元は前立腺肥大や前立腺ガンに対して抑制力を持たせるために作られました。そのため性欲減退や勃起機能の低下、精子減少といった副作用を起こす可能性があります。

安心してAGA治療を行うためにも、フィナステリド配合の治療薬は医師の処方箋に従ってください。

 

-植毛, 知識
-,

Copyright© shokumou-online , 2018 All Rights Reserved.