植毛 製品情報

植毛の頼れるアイテム「ヘアシート」を徹底解説!

投稿日:

自毛植毛の施術は側頭部や後頭部にあるAGA(男性型脱毛症)の影響を受けない毛根(これを植毛用語で株またはグラフトと呼びます)を採取し、AGAで薄くなった前頭部や頭頂部へ植え込みます。

株の採取には頭皮の一部を切り取るFUT方法と株をひとつずつくり抜くFUE方法があります。

FUE方法は頭皮を切り取らないので縫合跡が目立たないというメリットを持ちますが、植毛施術前には株を採取しやすいように広い面積を刈り込まなければなりません。

この刈り込みを隠せるのがヘアシートです。

そこで今回は「植毛の頼れるアイテム「ヘアシート」を徹底解説!」と題し、このサイトを運営しているスタッフのⅠ人である私がヘアシートについて説明します。

ヘアシートを使えば植毛施術が周囲にバレない

一般的なFUE方法はパンチグラフトという専用の器具で株をひとつずつくり抜きますが、その際、側頭部や後頭部を採取する株数に応じた面積で刈り上げます。大概はバリカンで2〜3mmの長さにしてしまうので、周囲の髪を長くしても隠しきれず、また採取した後は白い点状になってしまうので植毛施術を受けたことがバレバレになります。

髪が生える期間まで待てば隠すことができますが、その期間、刈り上げたままでは恥ずかしいという人のために開発されたのが「ヘアシート」です。

 

髪が長くなるまでの期間、ヘアシートを着用していれば刈り上げた髪が長くなるまでの期間、周囲に植毛施術がバレることはありません。

 

ヘアシートといってもウィッグのように刈り上げた部分へウィッグのように装着するのではなく、残っている毛に人工の毛を接着剤でくっつける、いわば増毛のような仕組みです。

借り上げ後、植毛クリニック専属の美容師がヘアシートの長さを調整するので既存毛とのバランスが取れて見た目、自然な形になります。

 

費用は一般的には5〜6万円

ヘアシートを着用する期間は髪が伸びる1〜2ヶ月程度。髪が伸びてくる期間になるとヘアシートは緩んでくるので2〜3週間すると調整が必要になります。

 

そのために植毛施術を行ったクリニックへ通院しなければなりませんが、刈り上げている部分の毛が伸びている期間でもあるので我慢してください。一般的には髪が1.5〜2cmまで伸びた期間になると除去します。

除去する際にも専属の美容師が行いますので、その際、刈り上げた部分の毛の長さに合ったヘアスタイルで既存毛を揃えてもらうようにすれば自毛植毛の施術を受けた形跡はほとんど残らず、自然な髪型で毎日の生活を送ることができます。

FUE方法で植毛施術を行うクリニックであれば必ず用意しているので事前カウンセリングの段階で着用やその期間について相談してください。

 

一般的な価格は5〜6万円です。

 

また着用期間は最長でも3ヶ月程度なので、よほど既存毛を長くしたヘアスタイルでない限り、作り直す必要はありません。

 

採取する部分を刈り上げない方法もある

ヘアシートは刈り上げた部分の毛が伸びるまでの期間を隠す一時的なウィッグです。

とくにデメリットはありません。

 

ただし人工の毛を既存の毛につけるので基本的に人工植毛のような拒絶反応が起きることはありませんが、髪専用の接着剤を使用しているので稀に頭皮が痒くなることがあります。アレルギー反応の可能性もあるので、痒みがあった場合は医師に相談してください。

 

どうしてもヘアシートを使うことに抵抗がある、使っている期間はバレないかと心配で集中できない、でも植毛部分の刈り上げが目立つのはイヤだ、という人は植毛クリニックのアスク井上クリニックで事前カウンセリングを受けてください。

アスク井上クリニックでは株採取のFUE方法でアンシェーブンi-SAFEという独自の技術を開発しています。

 

FUE方法は株採取の部分を全体的に刈り上げてしまいますが、アンシェーブンi-SAFEは採取する株の毛だけを短く刈ってから採取するため、周囲の毛で採取した部分を隠すことができ、ヘアシートを必要としません。

 

ただし、アンシェーブンi-SAFEは手間と時間がかかるため、2,000株の採取が限度と言われています。

額の生え際だけ、あるいは頭頂部の一部だけであれば問題ありませんが、3,000〜4,000株の植毛となるメガセッションには向いていません。その場合は刈り上げてヘアシートを着用した方が返って目立たなくなります。まずはアスク井上クリニックで相談することをおすすめします。

 

まとめ

着用している期間は洗髪の仕方や既存毛のヘアケアについて専属の美容師から注意があるので、それをきちんと守ってください。

せっかく着用したのに注意事項を守らず人工毛が抜け落ちてしまうと高いヘアシート代がムダになってしまいます。

ヘアシートも専属の美容師の技術力が自然な仕上がりを左右します。
そのためにも信頼できる植毛クリニック選びが大切です。

事前カウンセリングで納得できるクリニックを選んでください。

 

-植毛, 製品情報
-, ,

Copyright© shokumou-online , 2018 All Rights Reserved.