植毛 知識

植毛の限界量(本数)ってどれくらい?

投稿日:

自毛植毛の施術はAGA(男性型脱毛症)の影響を受けない側頭部や後頭部にある毛根(自毛植毛ではこれを株またはグラフトと呼びます)を採取し、AGAで薄くなった部分へ移植します。

つまり毛の濃い部分から毛を抜いて薄い部分に移すわけなので、現在、頭皮に生えている総数は変わらないことになります。したがって自毛植毛を施術する量は限界があります。

そこで今回は「植毛の限界量(本数)ってどれくらい?」と題し、このサイトを運営しているスタッフの1人である私が、植毛の限界量について説明します。

1回の施術で大量に株を採取する「メガセッション」

施術による植毛の限界量には2つの見解があります。

1つは1回の施術による限界量、もう1つは患者それぞれの植毛ができる限界量です。

まずは1回の施術による限界量から説明していきましょう。

自毛植毛の施術は移植する範囲が決まったら、その範囲に植え込む株数の採取から始まります。株の採取方法にはパンチグラフトと呼ばれる専用器具で株をひとつずつくり抜くFUE方法と、側頭部や後頭部の一部を薄く切り取ってピンセットでつまみ上げるFUT方法があります。

 

1回の施術による限界量は植毛クリニックによって異なりますが、FUE方法は株採取に時間がかかるので1500〜2000株、FUT方法はそれよりも多く2000〜2500株が平均的な限度となっています。

 

植毛施術は素早い作業が求められます。採取した株の底部には毛乳頭がありますが、頭皮下の毛細血管から切り離された状態ではすぐに機能しなくなるため、できるだけ早く移植して毛乳頭の機能を回復させる必要があるからです。

そのため、株を多く採取するとそれだけ時間がかかって株の毛乳頭が弱ってしまうことから限界量が決まっていました。

しかし最近は株の採取技術が発達したことにより、1回の施術で大量の株を植え込むことができる植毛クリニックが増えています。

 

それがメガセッションです。

 

メガセッションで採取する総株数はクリニックによって異なる

メガセッションの限界は植毛クリニックによって異なります。

 

新宿に本院を構えるアスク井上クリニックの場合、FUE方法を独自に進化させたi-SAFE方法によって4000株以上の採取が可能になっています。一般的にFUE方法は株採取を分かりやすくするために採取部分を広く刈り上げるので施術後は目立ってしまいますが、アンシェーブンi-SAFE方法は移植する株だけを短く刈るのでメガセッションでも目立つことがありません。

横浜に本院を構えるヨコ美クリニックもメガセッションを行っていますが、その総数は3500株とアスク井上クリニックよりも少なめです。ヨコ美クリニックでは患者の頭皮の柔らかさから採取する株数を決めていることがメガセッションの株数の少なさに表れています。

 

日本人の頭皮は比較的固めで1平方㎝辺り70〜80株しかありません。FUT方法で1cm×30cmの頭皮を切り取ると2000〜2400株を採取することになります。いくらAGAの影響を受けない側頭部や後頭部から採取するといっても、あまり広い面積を切り取ってしまうとその部分が不自然な髪型になってしまうことから大量採取を控えているわけです。

 

したがってヨコ美クリニックがメガセッションをする場合、FUT方法とFUE方法を併用し、できるだけ採取部分がスカスカにならないように工夫しています。

 

一般的な男性が採取できる株の限界量は6000〜7000株

患者それぞれの植毛限界はAGAの進行状態が大きく関わっています。

AGAが額の生え際程度であれば移植する株数は少なく済むので限界量を気にする必要はありませんが、AGAの進行状況を表すハミルトン・ノーウッド分類でⅤ型やⅥ型、つまり湾内型ハゲが進行して側頭部や後頭部しか毛が残っていない場合は限界量は著しく下がってしまい、クリニックによっては施術を拒否する場合もあります。

植え込む面積が広いため、側頭部や後頭部から株を大量に採取してもAGAの部分が密集しないばかりか、採取する側頭部や後頭部まで薄毛になってしまうからです。

 

一般的な日本人男性の場合、側頭部や後頭部から採取できる株数の限界は6000〜7000株程度と言われています。

 

ただし、これだけの株数を1度に移植することはなく、数回の施術に分ける必要があります。またこれだけの株数を移植するとなると費用も高額になります。薄毛やハゲに悩んで長引かせると、それだけお金と自分の株が減っていくことを忘れないでください。

 

まとめ

植毛クリニックの中には必要としないのにメガセッションを勧めてくるところがあります。

果たして本当にメガセッションが必要なのか、他のクリニックも回って事前カウンセリングを受けて確かめることが大切です。

医師や補助を行う看護師の技術力が乏しい場合、メガセッションをすると株の損失が多くなり、低い定着率の結果を招いてしまいます。高い費用を払って株をムダにしてはなんのために自毛植毛の施術を受けたのか分からなくなります。

株は限りある資源。大切にしてくれるクリニックを選びましょう。

 

-植毛, 知識
-, , , ,

Copyright© shokumou-online , 2018 All Rights Reserved.