植毛 知識

植毛に最適なシャンプー選び

投稿日:

自毛植毛の高い施術費用を払ったのですから、できるだけ元気な状態を維持したいのが植毛した人の願い。

しかし自毛植毛の施術後、移植した株から生えた毛に喜んでいるだけでは元気な状態を維持できず、ヘアケアを忘れると移植した株から生えている毛だけでなく従来の既存毛まで後退を始めてしまいます。

ヘアケアの基本はシャンプー。

そこで今回は「植毛に最適なシャンプー選び」と題し、このサイトを運営するスタッフの1人である私が植毛後におけるシャンプーの注意点とシャンプー選びについて解説します。

シャンプー選びの前に施術後の髪の洗い方を覚えておく

自毛植毛を行うクリニックでは、施術後の翌日から頭皮の洗浄を勧めています。

ドナー株を植え込んだ翌日に洗って大丈夫なのか?と心配になるのは当然。しかし株を移植した頭皮部分はわずかですが出血しており、そのまま放置すると雑菌の温床になって炎症を起こしてしまいます。

 

つまり洗浄して衛生的にした方がいいのです。

 

ただし、洗浄には注意が必要。

頭皮をガシガシ指で擦るような日常的な洗い方をしては、せっかく植え込んだ株が取れてしまうと同時の残った株も定着率が悪くなります。

 

植毛部分は肌温度より少し高めのぬるま湯(38℃程度)にして水圧を弱め、植毛部分の回りに当てて髪全体を濡らすようにします。この時、シャワーヘッドの水圧を植毛部分に当てるのも厳禁です。

 

次にぬるま湯で薄めたシャンプー液を泡立て、新品のスポンジに泡だけを取って植毛部分に軽く押しつけるようにします。その後、最初に髪全体を濡らした時の要領で泡を洗い流してください。なお、シャンプーの泡が残っていると頭皮にダメージを与えるので、すすぎはしっかり行うこと。

風呂上がり、髪は自然乾燥が望ましいのですが、寒い冬では風邪をひくこともあるのでドライヤーを使っても構いません。その際、温風はけっして植毛部分に当てないようにしてください。

 

高級アルコール系は頭皮の皮脂まで洗い流す

施術後、7〜10日経過すると移植した株は定着し、出血部分はかさぶたになります。ここまでくればシャワーを直接当てても平気ですし、シャンプーをつけても構いません。

 

ただし、かさぶたが痒いからといってガシガシ擦るのは避けた方が無難です。自然に落ちるのを待ちましょう。

 

使用するシャンプーですが、せっかく自毛植毛したのですから頭皮を清潔にして優しく守るスカルプケアの使用をお勧めします。

市販されているシャンプーは主に高級アルコール系と石鹸系、アミノ酸系の3種類あります。このうち、男性用で頭皮をスカッとさせるような刺激の強いタイプは高級アルコール系で、スカルプケアと呼ばれているのがアミノ酸系です。

 

高級アルコール系が主成分としているのは石油由来の界面活性剤。つまり食器を洗う中性洗剤と同じですね。油分を落とす力が強いので汗っかきの男性にはぴったりですが、洗浄力が強いため使い方によっては頭皮の皮脂まで流してしまい、頭皮を傷める場合があります。

 

価格が安いというメリットもありますが、植毛部分の頭皮を守るためにも高級アルコール系は使わない方がいいですね。

 

人体構成と同じアミノ酸系であれば頭皮を優しく保護

アミノ酸系は界面活性剤の代わりにタンパク質を構成しているアミノ酸を使って汚れを落とすシャンプーです。

人体構成のうち、約20%がタンパク質です。
そのタンパク質生成の元になっているのがアミノ酸。

 

つまりアミノ酸は肌成分と同じなので頭皮にも刺激が少なく、皮脂を必要以上に洗い流すことがありません。高級アルコール系に比べると洗浄力がやや落ちて価格が高いというデメリットはありますが、植毛部分を保護するのであればアミノ酸系がベストです。

 

以前、スカルプケアのアミノ酸系は美容院で使われているか、女性用しかありませんでしたが最近は男女兼用や男性専用が販売されています。

ちなみにスカルプとは頭皮、ケアは世話の意味です。

いろいろなスカルプケアシャンプーが販売されており、中には育毛効果を謳った価格の高いタイプもあります。

 

しかし基本的にシャンプーは育毛効果が期待できません。むしろ洗浄効果に特化した成分を多く含んでいる方が安価に購入でき、植毛部分をすっきりと洗い流してくれます。

 

まとめ

シャンプーの主材料だけを取り上げると3タイプに分かれますが、各メーカーとも独自の配合成分を商品名やキャッチフレーズに使っているので、どれを購入していいか迷うほど細分化されています。

どれを購入するか迷った場合は各社のシャンプーをそれぞれ比較するのではなく、いろいろなシャンプーを集めたランキングサイトを参考にすれば購入しやすくなります。

ただし、裏付け調査のないランキングサイトは特定商品を広告しているだけなので意味がありません。

成分調査や洗浄実験など、きちんとランキング理由を説明しているサイトであれば信頼性が高くなるので植毛部分に最適なシャンプーを探すことができます。

シャンプーは毎日使うものだけに、いたずらに高い商品よりも確実な効能を持った経済的な商品を選びましょう。

 

-植毛, 知識
-, , ,

Copyright© shokumou-online , 2018 All Rights Reserved.