植毛 知識

植毛に成功したらツーブロックなど好みのヘアスタイルにカットできる?

投稿日:

自毛植毛は薄毛やハゲの対処法としてもっとも有効な手段です。

その理由は施術後、自分の髪の毛が生えてくるのでヘアケア以外、増毛やウィッグのような定期的なメンテナンスを必要とせず、しかも自由なヘアスタイルや毛染め、パーマまでかけることができるからです。

今、男性の間で流行っているヘアスタイルといえばツーブロック。

自由なヘアスタイルができる自毛植毛ですが、果たしてツーブロックも可能でしょうか?

そこで今回は「植毛に成功したらツーブロックなど好みのヘアスタイルにカットできる?」と題し、ツーブロックを含めた植毛後のヘアスタイルの可能性について、このサイトを運営しているスタッフの1人である私が解説します。

植毛すればどんなヘアスタイルも思いのまま

ツーブロックとはサイドとバックを短くして盗聴部分を長めにしてオールバックにしたり横に流したり、あるいは中央にまとめてソフトモヒカンにするヘアスタイルのこと。

長さ次第ではプライベートでもビジネスでも違和感がないことから若年層だけでなくオシャレを気取りたい中高年にも見られます。

AGA(男性型脱毛症)で額の生え際から頭頂部まで薄くなったりハゲていて、サイドとバックがフサフサの男性にとってはまさに禁断と憧れのヘアスタイルですね。自毛植毛したら絶対にツーブロックで決める!と考えている人も多いはず。

 

結論から言えば自毛植毛の施術を受ければツーブロックはもちろんのこと、その年のトレンドとなるヘアスタイルやヘアカラーはすべて可能です。

 

自毛植毛の施術で生えてきた毛は自分の毛なので既存毛と違和感がなく、増毛やウィッグなどのように特定の美容院やヘアサロンでなくとも自由にカットできることが大きなメリット。

ただし、施術跡が気になる人はツーブロックの中でも跡を隠すヘアスタイルを選んだ方がいいですね。

 

採取跡はFUE方法でもFUT方法でも残る

自毛植毛の施術はAGAの影響を受けないサイドとバックの部分から元気な毛根(これを自毛植毛用語では株またはグラフトと呼びます)を採取し、薄毛やハゲの部分に移植します。

株を採取する際、FUE方法はパンチグラフトという専用器具でくり抜き、FUT方法は頭皮の一部を薄く切り取ってそこから株をピンセットで採取します。

 

一度、株を採取した頭皮には二度と株ができることはありません。したがってFUE方法は白い点状となって残り、FUT方法は切り取った部分を縫合した跡が残ります。FUE方法はFUT方法に比べると目立ちませんが、それでもツーブロックでサイドとバックを完全に刈り上げにした場合、やや目立つことがあります。

 

自毛植毛の施術を受けてツーブロックのヘアスタイルにする場合、採取跡を隠すのであれば完全にサイドとバックを刈り上げにするのではなく、株採取した部分はやや長めにして採取跡を隠し、フロントからサイドを刈り上げてトップを横に流すといったアップバンググランジスマートマッシュやバングハーフアップなどのツーブロックがお勧めです。

 

FUE方法は株採取部分を事前に刈り上げる

ツーブロック、じつは自毛植毛の施術前にも向いているヘアスタイルなのです。

 

FUE方法は毛が長いとパンチグラフトで株が採取できないため、サイドやバックの一部を刈り上げます。

つまりツーブロックの下地を作っているようなもの。ツーブロックが流行る前はサイドやバックの髪で採取部分を隠すようにしていましたが、今は逆に刈り上げた部分に合わせたツーブロックにすることができます。

FUT方法は頭皮の一部を切り取るので刈り上げる必要はありませんが、縫合した部分は当然、毛がないのでその部分だけを髪で隠せば他の部分をツーブロックにすることが可能になります。

 

予め、ツーブロックの形でカットしておけば自毛植毛の部分が伸びた時でもヘアスタイルをキメやすくなります。施術前はとくにヘアスタイルを医師から指定されることはないので、植毛後のことまで考えてカットを行ってください。

 

なお、最近のヘアスタイルはグランジ系が流行っていますが、細面でイケメンがグランジをするから似合っているのです。

顔の作りが濃くて強面がグランジをすると迫力が出過ぎて回りが引くことがあるので、ツーブロックにこだわらず自分に似合ったヘアスタイルを選択してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

90年代後半、男性のヘアスタイルで流行っていたのはロン毛、つまり長髪ですね。

現在、長髪にしているのは草食系やアーティスト系が多く主流ではありませんが、中にはゆるくパーマをかけたワイルドロングを見かけることがあります。

ツーブロックが主流なので自毛植毛後、そのヘアスタイルを真似てみたい気持ちは分かりますが、ヘアスタイルは個性を発揮できる大切なファッションポイント。

せっかく自毛植毛で髪が増えたのですから、他人とは違うヘアスタイルに挑戦するのもこれまでできなかったことのひとつです。

自毛植毛を活かして自分なりの個性をヘアスタイルに表わしてください。

 

-植毛, 知識
-, , ,

Copyright© shokumou-online , 2018 All Rights Reserved.