植毛 知識

植毛にかかる維持費まとめ

更新日:

自毛植毛の施術を受けた後、維持費はどのくらいかかるのか?

この点もこれから自毛植毛の施術を受ける人の不安点のひとつですね。

自毛植毛を受ける前までカツラや増毛、あるいはAGA治療の経験がある人ほど、それらの維持費が高いこともあって自毛植毛後の維持費が心配になります。

とくにカツラや増毛は自毛と違って消耗品なので、メンテナンスのための維持費が高すぎるというデメリットがあります。

このサイトの運営スタッフとして活動している私も自毛植毛の維持費については一応、事前に調べたけれど実際にその通りなのか不安でした。

そこで今回は「植毛にかかる維持費まとめ」と題し、自毛植毛の施術費用を除いた維持費に関する情報をお届けします。

自毛植毛を生かすための維持費は“AGA治療が主体”

結論から言うと自毛植毛は維持費がかかりません。

カツラや増毛などの消耗品と違い、自毛が生えてくるので特別なケアは必要ないのです。施術費用は確かに安くありませんが、その後の維持費がかからないと言うのは自毛植毛の大きなメリットです。

自毛植毛施術後、1〜2ヶ月もすると産毛が生えてくるので、メンテナンスは頭皮をつねに清潔にして育ちやすい環境を作ってやるだけです。

 

問題は植毛箇所ではなく、既存毛の部分。

 

自毛植毛はAGAで薄毛が進行した部分に元気な株を埋め込むので、そこは元気な髪が育ちますが、既存毛の部分のAGAが進行すると移植したところが「離れ小島」になってしまいます。

「離れ小島」状態になると追加の自毛植毛施術を再び受けなければなりません。

 

これを避けるための維持費としてAGA治療が必要になります。

 

自毛植毛を「離れ小島」にしないために

せっかく自毛植毛したのにAGA治療を続けなければならないのか?と疑問を持つ人は当然いるはず。

AGA治療で効果がなかったから自毛植毛に踏み切ったのに、というケースの人もいますね。

AGA治療に疑問を持つ人は髪の生え際に自毛植毛を施術した、あるいはこれからしようと思っている人が大多数を占めています。

 

この部分は頭頂部と並んでもっともAGAが早く進行する部分です。生え際が薄くなっている段階ではAGA治療の効果が期待できますが、M字型のハゲた部分にはほとんど効果がありません。

 

だから自毛植毛に踏み切ったのだと推察されますが、AGAは確実に進行し、自毛植毛の施術は外科手術なのでAGA治療とは根本的に違っているのです。AGA治療は自毛植毛の維持費ではなく、髪全体の維持費と考えてください。

 

AGA治療薬はプロペシアとミノキシジルの2種類

せっかくの自毛植毛、その元気な髪を自然な形にするためにも維持費としてAGA治療の継続をお勧めします。自毛植毛の施術を行うクリニックでは必ずAGA治療も行なっているので、施術後、医師とどのような形で治療を継続していくか、必ず相談してください。

現在、AGA対策として処方される治療薬は以下のようになっています。

 

プロペシア

AGA進行を防止するための内服薬です。AGA、男性型脱毛症は5α-還元酵素が男性ホルモンのテストステロンと結合してDHT(ジヒドロテストロン)が生成されることが原因です。プロペシアの主成分であるフィナステリドは5α-還元酵素がテストステロンとの結合を抑制する効果があります。プロペシアの効果が表れるのは6ヶ月が目安。それまでは継続して飲み続ける必要があります。なお、プロペシアは商品名でエフペシアやフィンペシアも同じフィナステリドを主成分としている内服薬です。

 

ミノキシジル

頭皮下の毛細血管を拡張して毛母細胞に栄養を行き渡らせる効果を持つAGA治療薬です。高血圧治療用として開発されましたが、主成分のミノキシジルに育毛効果があることからAGA治療薬として認知されるようになりました。なお、ミノキシジルを主成分としたAGA治療薬には内服薬と外用薬があります。ジェネリック薬品も多く販売されているので商品名を間違えないようにしてください。

 

AGA治療による維持費の目安は月額1〜1.5万円

自毛植毛は施術後の維持費がかからないというメリットはありますが、既存毛には上記で紹介したようにAGA治療が治療で、自然な髪型のためには維持費がかかります。

このAGA治療、バイアグラと同じように健康保険が適用されないため、クリニックの自由診察となります。自毛植毛は生命に関わらない審美目的というのが自由診察の理由ですね。

薄毛が精神的にどれほど悪影響を及ぼすか、厚生労働省は考えていないのでしょうか?

それはともかく自由診療なのでクリニックによって、またクリニックでも正規薬品を使うかジェネリック薬品を使うかによって治療費、つまり自然な髪型の維持費が変わってきます。

自毛植毛の施術をしたクリニックでAGA治療を行うのがベストですが、あまりに高額なようであれば、他のクリニックも維持費のために検討してください。

 

事前にクリニックに相談して維持費の確認を!

AGA治療は薄毛の退行を抑制するフィナステリドと育毛促進のミノキシジルを併用した方が効果は上がります。ただし、その分、自然な髪型の維持費は高くなります。

 

プロペシアは1ヶ月分で約4,000〜7,000円、ミノキシジルは5,000〜8,000円、これにクリニックによっては診察料が加わるので、併用すると最低で10,000円、高いクリニックでは15,000円が自然な髪型の維持費となります。

 

なお、クリニックによっては初回限定サービス価格、2回目以降は通常料金に設定しているところもあるので、事前にクリニックに相談して月額の治療費、つまり自然な髪型の維持費を確認してください。

初回限定お試しサービス、なんてTVショッピングみたいですね。ただしAGA治療は1ヶ月ではまったく効果がないことをお忘れなく。

 

スカルプケアシャンプーやリアップも維持費と考える

自然な髪型の維持費としてはAGA治療の他に毎日の頭皮ケアとしての予算も確保しておいた方がいいですね。

せっかくAGA治療を行っても頭皮が汚れていては効果が半減してしまいます。とくに自毛植毛の施術をした直後の洗髪は刺激の強いシャンプーを使うと株が抜け落ちてしまう可能性もあるので、スカルプケアのシャンプーを使うようにしましょう。

 

石油系界面活性財や合成着色料が含まれておらず、頭皮を健康な状態に保つスカルプケアのシャンプーは3,000円前後で購入できます。自然な髪型の維持費としては高い価格ではないので、頭皮を清潔に保つためにも使用をお勧めします。

 

自毛植毛を生かす自然な髪型の維持費としては、これまで紹介した他に市販の塗布薬リアップがあります。

主成分となっているミノキシジルは内服が現在、厚生労働省の認可が下りていないため、外用薬が主体となっています。

 

リアップの価格はもっとも効果が期待できるX5プラスが7,000〜8,000円。

 

リアップまで加えれば自毛植毛を生かすための自然な髪型維持費はマックスと考えていいでしょう。

【第1類医薬品】リアップX5プラスローション 60mL
大正製薬 (2015-10-05)
売り上げランキング: 9

 

まとめ

自毛植毛を生かす自然な髪型の維持費はAGA治療とスカルプケアのシャンプー、それからリアップまで加えると月額2万円前後になります。自毛植毛を「離れ小島」にしないためには必要な維持費ですね。

 

ただし、維持費を安くあげようと思って個人輸入代理店から海外のジェネリック薬品を購入するのは避けた方が賢明です。

 

とくに日本では認可されていないミノキシジルの内服薬、通称ミノタブは副作用が多いことで有名で、国内では医師の処方がなければ服用できず、クリニックによっては処方しないところもあります。

個人輸入の内服薬で副作用が出ても個人輸入代理店はもちろん、海外の販売元も責任を取ることはありません。

 

維持費を安くあげようと思った結果、維持費に余計な治療費が含まれて高くついてしまいます。

 

AGA治療薬は必ず医師の処方にしたがってください。それが自毛植毛を生かす自然な髪型の維持費を安く保つ最善の方法です。

 

-植毛, 知識
-,

Copyright© shokumou-online , 2018 All Rights Reserved.