植毛 知識

植毛とリアップの併用について

更新日:

薄毛やハゲで悩む人の多くはAGA(男性型脱毛症)治療を歴て植毛施術に踏み切っていることでしょう。

植毛以前にAGA治療を行っていた時、その成分でミノキシジルという名称を覚えている人もいるはず。ミノキシジルは高血圧を予防するための血管拡張薬として開発されましたが、服用した人の中に発毛が見られたことからAGA治療薬に用いられるようになりました。

しかし内服薬では副作用が強いことから、現在は頭部に塗布する外用薬として処方、販売されています。

日本では大正製薬が1999年に「リアップ」の商品名で発売しました。

自毛植毛の施術を受けても、既存毛のAGA進行に不安を覚える人にはとても気になる存在ですね。

そこで今回は「植毛とリアップの併用について」と題し、このサイトを運営しているスタッフの1人である私が、植毛施術後にリアップを併用することのメリットやデメリットを紹介します。

シリーズ最強となるのが「X5プラス」

リアップが発売された当時、ミノキシジルは国内において医療用医薬品としての使用実績がありませんでした。使用実績のない新有効成分を含有した一般用医薬品のことをダイレクトOTCと呼びますが、リアップはその第1号です。

現在、リアップシリーズにはミノキシジル1%配合のスタンダードなリアップに加え、パントテニールエチルエーテルやトコフェロール酢酸エステルなどの有効成分を加えたリアッププラス、頭皮に直接当てて噴射することで爽快感と的確な塗布量を確保できるリアップジェット、女性用のりアップジェンヌなどがあり、これらシリーズのフラッグシップ的存在となるのがミノキシジル5%を配合したリアップX5プラスです。

ちなみに現在、日本の植毛クリニックでもミノキシジルを配合した塗布薬、ロゲインを処方しているところがありますが、ロゲインはジョンソン&ジョンソンの参加企業マクニール社が販売元になっている商品名で、ミノキシジル配合割合はリアップX5プラスと変わりありません。

なお、リアップシリーズはすべて第1類医薬品となります。薬剤師が常駐する店舗や薬局でしか購入できず、購入の際には薬剤師が積極的に情報を提供する義務のある商品となります。

 

医師の処方がいらないAGA治療薬

実はリアップを植毛部分に塗布するのは意味がありません。植毛部分はドナードミナントの法則が働き、半永久的に元気な髪が生え続けるからです。

 

ドナードミナントとは移植前の遺伝子が移植後にも優先するという意味で、植毛に関しては側頭部や後頭部といったAGAの影響を受けない株をAGAの影響を受ける前頭部や頭頂部に移植しても、側頭部や後頭部のような毛を生やし続けることを言います。

したがって効果を発揮するのは植毛部分ではなく既存毛の部分です。

植毛施術は薄毛やハゲの部分への有効な対処法となりますが、既存毛まで元気にさせるわけではありません。既存毛を放置しておくとAGAは着実に進行し、やがて植毛部分との境界線を作り、さらには境界線が広がって植毛部分だけが残る「離れ小島」現象を引き起こします。

 

これを避けるために有効なのが既存毛へのAGA治療です。

 

リアップは一般の薬局で購入できるAGA治療薬なので、医師の処方がいらないという点が最大のメリットとなります。

 

ミノキシジルは植毛やフィナステリドと併用も可能

リアップX5プラスはミノキシジル5%配合とシリーズの中でも最強商品だけに、その効果はおおいに期待できます。被験者に52週の長期投与を行った結果、24週間後には被験者の90%に軽度改善から著名改善までの結果が表れました。

 

したがってX5プラスは6ヶ月以上続けて使用することが大切になります。

 

植毛後はまだ既存毛との境目がなく自然な髪型を保っているので、その段階から使用すれば既存毛のAGA進行を抑えることができ、「離れ小島」現象を防げると想定できます。

またミノキシジルは血管拡張薬なので、フィナステリドを主成分とするプロペシアの働きを阻害することがありません。したがってプロペシアを併用すればAGAの進行をさらに抑制できます。

 

ただし、ミノキシジルは副作用のある成分です。

 

X5プラスはダイレクトOTCだけに注意事項が多いので使用前は必ず薬剤師と相談し、使用上の説明をきちんと受けてください。高血圧や65歳以上、甲状腺機能障害を持つ人は使用できません。

また副作用には頭皮のほてりや発疹、かゆみなどに加え、血圧が低くなるという例もあります。副作用が発現した人は別のAGA治療薬に切り替えた方が無難です。

 

まとめ

リアップX5プラスの本体価格は税抜き7,048円です。

この金額はクリニックのAGA治療よりも低額になることもあります。しかし、さらにAGA治療を安く済ませたいために、海外で販売されているロゲインを個人輸入代理店経由で購入する人がいます。

ミノキシジル5%配合薬は第1類医薬品に指定されるほど扱いが慎重な一般医薬品で、上記でも分かるように副作用が発現する可能性を持っています。

国内正規品であれば問題が発生した時でもメーカーによる対処を受けることができますが、輸入品はすべて自己責任となり、重篤な副作用が出た場合でも外国のメーカーや個人輸入代理店は一切責任を取りません。

ミノキシジル5%配合の塗布薬は安全な国内正規販売商品を使った方が賢明です。

 

当ページ内の一部画像引用元:大正製薬「リアップ」

-植毛, 知識
-,

Copyright© shokumou-online , 2018 All Rights Reserved.