植毛

植毛とはどういった施術なのか?

投稿日:

AGA(男性型脱毛症)にはいろいろな治療法があります。

育毛剤や増毛法などは、どれも一長一短であることに加え、AGAでも産毛が生えている状態であることが条件で、毛包から完全に毛が生えていない場合は効果がありません。

またAGAは進行性なので育毛剤や増毛法などでもやがて効果が薄らいでいきます。毛包から新しい毛が生えなくなった時、効果を発揮するのが植毛治療法です。

植毛は自分の元気な毛包を薄毛の部分に移植するので、そこから生えた毛が毛髪全体を自然な形に見せることができます。

当サイト、「shokumou-online」の運営スタッフの1人である私も育毛剤などずいぶんと試しましたが、結局効果が見られず、植毛にチャレンジしました。今ではAGA治療にかけた費用をもっと早く植毛に回せばよかった、と思うくらい、植毛施術に満足しています。

しかし、同じ薄毛の人からは羨ましがられると同時に植毛施術の質問をよくされます。意外と植毛施術のこと、知られていないんだな、と実感しました。

そこで今回は「植毛とはどんな施術なのか?」と題し、植毛施術に関する詳しい情報を紹介します。

植毛とは毛を植えるのではなく毛包を移植すること

植毛と言っても毛を植えるわけではありません。

いくら生えているところの毛を薄い部分に移し替えたところで、その毛はすぐに抜けてしまいます。植毛は正確に言うと、毛を育てる毛包部分を薄毛のところに移植する施術です。

 

施術(手術と同じ意味ですね)というくらいなので、どこでもできるわけではなく専門の外科医の手によって行われます。ただし植毛は健康を保つための治療や生命的危険を回避するための施術ではなく、美容整形や歯の矯正と同じく審美目的となるため、医療保険が適用されません。

 

費用の詳しい内容は、このサイト内の「植毛にかかる費用を徹底リサーチしてみた」を参考にしてください。

費用が高いことはやや難点ですが、植毛によって自信が取り戻せる、一生続く悩みが解決できるのであれば、植毛は費用に見合うハイリターンが約束されると言えるでしょう。

 

薄毛の人は毛髪サイクルが短くなっている証拠

植毛には自分の毛包を移植する自毛植毛と、ポリエステルやナイロンといった合成繊維で作られた毛を埋め込む人工植毛があります。

しかし人工植毛は頭皮にかかる負担が大きく、また抜けやすいことからアメリカでは禁止されており、日本でも人工植毛をするクリニックは少なくなっています。

ここで説明する植毛はすべて自毛植毛に関する情報です。

植毛は自分の毛を直接薄毛の部分に埋めるのではなく、毛包を移植すると説明しましたが、その毛包が分からなければ植毛施術に対しても理解できませんよね。

 

まずは毛包と毛髪サイクルの説明をしましょう。

普通、頭髪といったら頭皮から上の部分のことだと誰でも思うもの。間違いではありませんが頭髪は頭皮から皮下脂肪の間にある毛乳頭部分までのことを言います。

元気な髪の毛を1本抜いてみると、根元がぷっくらと膨らんでいますよね。この膨らんだ部分が毛乳頭で髪の毛を作り出す機能を持っています。毛乳頭から分裂した細胞が毛髪となり、下から押し上げていくわけですね。

毛包は一般的に毛穴と呼ばれており、毛穴は毛を押し出すだけでなく毛を育てる毛包幹細胞や皮脂腺が備わっています。毛包移植はこれらをそっくり抽出し、薄毛の部分に移植するのです。

 

毛包を移植すれば元気な髪を育てられる!

毛乳頭から伸びる毛は2〜6年の間は成長しますが、その後は成長が止まり、毛乳頭からの成長は休止します。その後、退行期に入ると完全に毛乳頭から切り離され、毛乳頭は新しい髪を作る活動期に入ります。

 

この時、抜け毛が起きるわけですね。

 

AGAになると、この毛髪の生まれ変わるサイクルが短くなって元気な毛が育たないうちに抜けてしまう、あるいは毛包からまったく育たなくなります。

そこで、薄毛の部分に頭皮の元気な毛包を移植し、毛乳頭から強い毛を育てて薄毛の部分をカバーするわけです。

 

植毛後、一時的に移植した毛包から抜け毛が目立つ時期はありますが、これは移植前から生えていた毛で抜けることに問題はなく、毛包移植の目的は毛包から新しい毛を育てることにあります。

 

また施術後、既存毛が抜けるショックロスを起こすことがあります。こちらは頭皮の麻酔や毛包の抽出、移植という刺激が原因とされており、移植部分と同じく一時的なものなので心配はいりません。むしろ移植した部分と成長がシンクロするので自然なヘアスタイルを形成することができます。

 

縫合跡を残したくなかったら「FUE法」、たくさん植毛するなら「FUT法」

植毛は毛包を移植する施術ですが、その方法は2種類あります。

1つは「FUT法(Follicular Unit Transplantation)」で、頭皮の後ろの部分にある元気な毛包をメスで切り取り、そこから毛包を移植します。

もう1つは「FUE法(Follicular Unit Extraction)」で、メスを使わず毛包だけを抽出する器具を使い、抽出した毛包を移植する施術です。 Follicularは濾胞(ろほう)と訳しますが、植毛では毛包の意味に使われており、クリニックでは毛包を移植する際の単位として株またはグラフトが用いられます。

どちらの施術方法にもメリットとデメリット、また患者の薄毛状態によって向き不向きがあるので、どちらを採択するか医師と相談して決めてください。

またクリニックによっては別の呼び方をしていますが、基本的な施術はこの2種類だけです。

 

毛包が詰まった頭皮を切り取るから効率の良い「FUT法」

FUT法はメスで頭皮を切り取る、と聞くと不安に思う人がたくさんいるでしょう。

移植するグラフトの量にもよりますが、一般的には後頭部で元気な毛包が生え揃っているところを縦1〜2cm前後、幅10cm前後切り取るだけで縫合手術後しばらく傷跡は残るものの、半年もすれば目立たなくなります。

 

FUT法が向いているのは大量にグラフトを移植する人です。切り取った部分にはドナーとなるグラフトがごっそりと詰まっているので1つ1つのグラフトを抽出するFUE法に比べて効率的と言われています。またFUE法に比べると若干、費用が安く済むことも特徴のひとつです。

 

デメリットとして上げられるのは切り取った部分にグラフトが存在しないので、そこから毛が生えることがないという点です。

もっとも髪が伸びてくれば隠せるほどの面積ですし、医師によっては採取した部分に対して下の皮膚を持ち上げて隠す施術方法があり、傷跡から再び地毛が生えてくる可能性もあります。

 

術跡が目立たずすぐに活動できる「FUE法」

FUE法はパンチグラフトというグラフトを抽出する器具を使うので、FUT法のように傷跡が残りません。

 

またFUT法と違って元気なグラフトだけを選んで抽出できます。
その分、薄毛のところを太い毛でカバーできるわけですね。

 

なお、FUT法は傷口を縫合するため、術後は運動を控えなければなりませんが、FUE法は抽出した跡が殆ど目立たず痛みも少ないので1〜2日も経過すれば運動が可能です。

ただしFUE法はグラフトを1つずつ抽出します。

 

米粒以下の大きさとなるので採取に時間がかかるため、1回の施術で植毛できる数は限られてしまいます。最近は技術の向上と植毛器具の発達から1000グラフト以上を1回の施術で可能にするクリニックもありますが、その分、費用は高くなります。

 

FUE法は傷跡を残したくない人、術後はすぐに活動したい人、植毛部分が比較的少ない人に向いています。

 

まとめ

植毛は外科手術になるので医師の技術が仕上がりを大きく左右します。

技術方法や器具は進歩していますが、それらを使いこなしていない医師やクリニックもあり、稀に失敗例もネットに紹介されています。

FUT法では傷跡が目立つ、FUE法では植毛が遅いために抽出したドナーが死んでしまった、また植毛が一定間隔ではないので生え際が汚い、など。

 

したがって植毛の施術をする際はクリニック選びがとても大切です。

 

自分の薄毛にどのような植毛が合うのか医師と相談することはベストですが、相場よりも圧倒的に安かったり、あるいは不要なところまで植毛させようとするクリニックや医師は除外した方がいいですね。

自分自身で信頼できる医師やクリニックを選べるように、このサイトでしっかり情報を収得してください。

-植毛
-, , ,

Copyright© shokumou-online , 2018 All Rights Reserved.