植毛 知識

植毛で憧れの“長髪”を実現することはできるのか

投稿日:

今、流行りの髪型は中・短髪。

90年代のロン毛はほとんど見かけなくなりました。

しかし薄毛で悩む人にとって長髪は憧れの的。なにしろ薄毛で長髪にすると薄くなっているところやハゲの部分があからさまに目立ってしまうため、したくてもできなかったという理由があります。

その憧れの的だったヘアスタイルを実現できるのが自毛植毛です。

そこで今回はSHOKUMOU-ONLINEを運営しているスタッフの1人である私が「植毛で憧れの“長髪”を実現することはできるのか」と題し、自毛植毛における長髪の可能性と注意点について説明します。

自毛植毛のメリットは「自由なヘアスタイルにできること」

自毛植毛の施術を受ければ長髪のヘアスタイルは可能?という問いに対する結論を先に言うと、移植した株から生えている毛は既存毛と変わらないのでもちろん可能、さらに毛染めやパーマをかけることもできます。

 

つまり毛が生えてくれば自由な髪型にできるということですね。

 

これは自毛植毛の大きなメリットのひとつです。増毛やウィッグでは自然な形のヘアスタイルを作ることができませんし、ヘアスタイルを変更するためにはメンテナンス費用が必要になりますが、自毛植毛であれば美容院に行くだけの費用で好きなヘアスタイルに変えることができます。

自毛植毛の施術には毛が生えている部分の毛根をパンチグラフトという専用器具でくり抜くFUE方法とAGA(男性型脱毛症)の影響を受けにくい後頭部や側頭部の頭皮一部を薄く切り取って毛根を採取するFUT方法があります。

FUE方法は毛根を採取する際にその部分の毛を短く刈り上げ、FUT方法は施術後に切り取った部分を縫合します。

 

したがって自毛植毛の施術前にはそれぞれの採取方法に合わせた髪型にしておけば採取後は目立ちませんし、施術後、移植した毛根部分から髪が生えてきた時、既存毛と長さを合わせるようにカットすれば憧れの長髪が実現できます。

 

植毛で長髪にすると抜け毛が多くなる原因

自毛植毛には短髪が向いている、という意見や記事を目にすることがあります。

確かに自毛植毛をカミングアウトしている著名人や周囲の人を見るとロン毛はほとんどおらず、中・短髪にしています。

現在、中・短髪が流行っているのでロン毛がいないだけですが、長髪にすると植毛部分だけでなく既存毛に悪影響を与えることがあります。

 

長髪にすれば髪量が増えるので頭皮は蒸れやすくなります。風通しが悪くなれば雑菌が繁殖しやすくなり、皮脂が出る毛穴に入り込むと炎症を起こして毛母細胞にダメージを与え、最悪の場合は毛根から新しい毛が生えてこなくなることがあります。

 

長髪にした時は中・短髪よりも清潔にしなければなりません。

 

当然、洗髪も念入りに行う必要があり、風呂上がりにはドライヤーにヘアブラシと、毛根にダメージを与える行為が待ち受けています。

 

熱風を頭皮に当てると軽度のやけど状態を引き起こすため毛根から毛が抜けやすくなっているところに、ヘアブラシで髪を強く漉くわけですから抜け毛が増えてしまいます。

毛根が元気な状態であれば毛が抜けても新しい毛が育ちます。しかし何度も同じことを繰り返すと毛乳頭はヘアサイクルを早めて成長期を短縮、結果として弱くて細い毛しか育たなくなることもあるのです。

 

長髪にしたら頭皮にドライヤーを当てることはできるだけ避け、タオルで髪を挟むようにして水分を拭き取るのが髪を長持ちさせるコツ。植毛部分だけでなく既存毛にもヘアケアすることで長髪を美しく保つことができます。

 

自分に合ったヘアスタイルを選ぶ

一般的な日本人男性の場合、個人差はあるものの髪の毛は1日に0.3〜0.5mm、1年では約15cm伸びます。ヘアサイクルでは成長期が4〜6年続くので、自毛植毛した部分でも2年経過すれば約30cm伸びるわけですから、長髪のヘアスタイルも思いのままということになります。

 

ただし、長髪にしたからといって90年代の江口洋介や木村拓哉、現在の綾野剛みたいになれるとは限りません。最低でも細面、彫りが深ければなおいいでのですが、日本人にそこまで要求するのはムリというもの。

 

逆に角ばった顔で眉が太く、ゴツい作りで長髪にすると全体的に濃くなりすぎてあまり似合いません。

もちろん本人が「長髪にしたい!」というのであれば誰にも止める権利はないので自由に伸ばして構いませんが、せっかく高い施術費用を出して植毛したのですから、本人に似合う髪型にした方が植毛部分を活かすことができます。

 

植毛部分を活かして自分に合ったヘアスタイルを選んでくださいね。

 

まとめ

今、長髪はすっかり影を潜めていますが、流行ものはすべからくスパイラルで進行します。

中・短髪がこれだけ流行れば次に来るのはまた長髪です。その時期に合わせて薄毛の人は今から施術を受けておけばサイクルがぴったりと合うはずです。

長髪は髪をかきあげる仕草がセクシーに映るということで、女性にも人気があります。薄毛でこれまでモテなかった人はいいチャンスですね。

自毛植毛の施術を受けて長髪にして、今までの自分にはなかったイメージを作り出してください。

 

-植毛, 知識
-, ,

Copyright© shokumou-online , 2018 All Rights Reserved.