植毛

植毛って傷がついたり危険って本当?

投稿日:

自毛植毛の施術を受ける前は自分自身で情報を集めることが大切。

自毛植毛の施術方法の違いやクリニックの選び方、費用など調べることは山ほどあります。

でも、植毛情報を集めていくと必ず目にするのが」「危険」と「傷」のキーワードが入ったタイトル。このサイトのスタッフである私も植毛施術経験者ですが、やはりこの2つのキーワードを見ると今でも不安になることがあります。

自毛植毛の不安の解消は「危険」と「傷」のキーワードが果たして本当なのか、しっかり調べることです。その上で安全だと思えば自毛植毛の施術を受ければいいし、不安が心配に変わるようであれば薄毛やハゲ対策に他の手段を用いればいいだけです。

やはり最後に決めるのは自分自身ですから。

そこで今回は「植毛って傷がついたり危険って本当?」と題し、植毛施術における不安材料の2つのキーワードについて検証していきます。

自毛植毛の「危険」は手術に対する概念的なキーワード

自毛植毛は生命に関わる危険がないため、健康保険が効かない自由診療となっています。しかし自毛植毛の施術そのものはあくまで危険がつきまとう外科手術。

頭皮内でわずかな部分といっても毛根まで含まれるグラフト部分を採取して別の場所に埋め込むという移植手術の一種です。

 

「危険」というキーワードはつねに移植手術を行うという全般的、概念的な観点から使われています。確かに外科手術は軽症であっても危険性が潜んでいますが、危険は必ず発生するというものではなく外科手術を受けることのリスクです。

 

現在、自毛植毛の施術方法は確立されており、医師も施術経験を積んでいるので外科手術全般に対する概念的な危険性はありません。

リスクとデメリットを危険にすり替えてしまうから不安が増長してしまうわけですね。

 

頭皮を切らなければ絶対にグラフトを植え込むことはできない!

植毛施術における危険のキーワードがよく使われるのは頭皮に麻酔をかけること、頭皮にメスを入れること、この2つです。

 

両方とも施術には欠かすことができませんが危険というわけではありません。

 

FUT方法は植え込むグラフト数に合わせて、健康なグラフトを持つ後頭部や側頭部から長さ10〜20cm、幅1〜2cm、深さ3〜4mm切り取ります。その後、すぐに縫合手術を行いますが、頭皮に部分麻酔をしなければ患者はとても痛くて耐えられません。危険よりも痛みを和らげる方が優先ですね。

その後、グラフトを薄毛やハゲている部分に移植する手術はグラフトを専用器具でくり抜くFUE方法でも同じで、頭皮に3〜4mm程度のスリットを開けてグラフトを植え込みます。

3〜4mmといっても頭皮に1000〜2000ヶ所の切り込みを入れるのですから部分麻酔をしなければ当然、痛みがありますし出血もします。しかし出血したからといって危険というわけではありません。

 

頭皮の部分麻酔は施術後2〜3日すれば抜けて出血部分はかさぶたになり、1週間前後で剥がれ落ちます。

 

どちらも危険性が指摘されるものではなく、単に施術過程の一部なのです。

 

人工植毛は体が拒否反応を示すという危険の可能性あり

植毛の施術で、もうひとつ危険のキーワードで登場してくるのが人工植毛。自毛ではなく合成繊維で作られた人工的な毛髪を頭皮に植え込む方法です。

現在、人工物を体内に埋め込む研究は医療機関によって盛んに研究されていますが、未だ拒否反応に関しては完全に克服できておらず危険な部分があります。

 

たとえ頭皮の深さ3〜4mmの植毛でも危険性は例外ではなく、自分の体から作られたものではない化学物質の人工毛髪を植え込むと拒否反応で人工毛髪を排出しようとするだけでなく、頭皮の炎症を招く危険性がリスクとして上げられます。

 

アメリカではすでにAGA治療における人工植毛は危険性から禁止されていますし、日本でも人工植毛を行うクリニックは危険性から減少傾向にあります。

ただし、自毛植毛が有効なのはAGA治療に限られています。重度の疾患で自毛が育成できない頭皮の場合は人工植毛が有効な手段となり、最近は医療用人工血管にも使われているポリエステル系高分子樹脂を使うクリニックもあり、危険性が薄まっていることもあります。

 

施術方法によって変わってくる「傷」の残り方

「危険」と並んで自毛植毛の施術を不安にさせる、もうひとつのキーワードが「傷」

外科手術なので傷ができるのは当たり前の話ですが、薄毛やハゲに悩んでいる人にとって、ただでさえ頭皮が目立っているのに傷ができたら余計に目立つのではないか、傷跡が残ったら余計にみっともない、という点ですね。

 

自毛植毛の施術は審美目的なので傷が目立ってしまっては本来の目的が果たせないことになります。したがって施術する側、つまりクリニックでも傷に関しては極力目立たせない技術を用いています。

 

施術前には必ず医師とのカウンセリングがあるので、傷に対する不安がある人は傷がどのように発生し、どのくらいの期間で目立たなくなるのか確認してください。

施術による傷のつき方はFUT方法とFUE方法によって異なります。

 

FUT方法でも縫合よる傷跡の対策法がある

傷跡、というより手術跡がしばらく残るのはFUT方法です。

 

前述したように側頭部や後頭部からグラフト採取のために頭皮を切り取るので、その縫合による傷跡は当然、残ります。

 

なぜ、側頭部や後頭部から頭皮を切り取るのかというと、この部分はAGAの影響を受けにくく健康な毛根を採取できるからです。

AGAで薄毛が進行するのは額の生え際、それから頭頂部。側頭部や後頭部がフサフサだから余計に目立ってしまうのですが、逆に言うと側頭部や後頭部は髪がフサフサなので多少、長く伸ばすだけで縫合による傷跡を隠すことができます。

 

残念ながら縫合による傷跡は薄くなることはあっても完全に消えることはありません。どうしても縫合による傷跡が目立って気になる人はクリニックにスカルプマイクロピグメンテーションという解決策が使えるかどうか相談してください。

 

これは縫合による傷跡部分に色素を浅く注入して周囲の毛穴と同じ色にする方法です。

なお、FUT方法は縫合跡が残るものの、グラフトの定着率は90%以上であることに加え、費用を若干安く抑えられるというメリットを持っています。

 

傷に限って言えばFUE方法にメリットあり

FUE方法はグラフトを専用器具でくり抜き、薄毛部分に移植するので比較的傷跡が残らないと言われています。

施術後、移植した部分は出血するので傷にはなりますが、やがてかさぶたになって剥がれ落ち、1ヶ月もすれば傷は新しい皮膚によって目立たなくなります。これはFUT方法も同じこと。

 

傷だけを取りあげればFUE方法にメリットはありますが、FUE方法の定着率はFUT方法より若干劣り、75〜85%と言われています。また費用も高く設定しているクリニックもあり、施術時間も長くなるというデメリットを持っています。

 

髪を長く伸ばしたいので傷跡よりも薄毛部分を濃くしたいというのであればFUT方法、髪全体を短く揃えたいので傷跡は目立たない方がいい人はFUE方法というように、各自の希望や状態に合わせて施術方法を選択してください。

 

まとめ

自毛植毛における「危険」と「傷」は一定のレベル以上になるとクリニックの医師次第になってきます。

外科手術を成功させるのはなんといっても医師の技術。

 

つまり植毛技術に優れている医師ほど「危険」と「傷」のリスクが低くなっていくのです。

 

自毛植毛はけっして安い費用ではありませんし、(髪がフサフサの人には絶対に理解できないでしょうけれど)人生を左右すると言っても過言ではない手術です。

危険や傷を避けるためにもクリニック選びが大切。

信頼できるクリニックを選べば「危険」や「傷」の不安に尻込みする必要がありません。口コミやクリニックの施術方法の説明、さらにクリニックの植毛施術に対する見解までをしっかりと調べれば、必ず危険や傷と無縁な安心できるクリニックを見つけることができます。

 

-植毛
-, , , , ,

Copyright© shokumou-online , 2018 All Rights Reserved.