知識

意外と知られていないハゲ治療薬の落とし穴

投稿日:

ハゲが進行してくると、どうしても市販のスカルプケアシャンプーや育毛剤では効果が見られず、次の対策に迫られる気分になってきます。

「shokumou-omline」の運営スタッフの1人である私も、そんな時に必ず目につくのがAGA専門クリニック外来やネット通販の治療薬。

広告キャッチを見ているだけでハゲの不安が消えてフサフサの髪が想像できるような幸せな気分になれます。想像というより妄想ですね。

でも、実際は飲んだり塗ったりするだけでハゲがカンタンに解消されるわけではありませんし、処方箋による服用薬には副作用があり、ネット通販にはつねに偽物を掴まされる危険性があります。

そこで今回は「意外と知られていない「ハゲ治療薬」の落とし穴」と題し、処方箋による治療薬やネット通販の治療薬を取り上げ、そのメリットとデメリットを解説します。

日本で認可されているハゲ治療薬の基礎知識

ハゲの治療薬が育毛剤やスカルプケア化粧品と違うのは「成分と量」です。

 

現在、ハゲ治療に使われている主な成分はフィナステリドとミノキシジル。これはAGA専門クリニックからネット通販の商品、薬剤師が常駐しているドラッグストアでの購入商品まで共通です。

 

両成分については以下に詳しく説明しますが、じつはどちらも他の病気を治すために開発している途中で、発毛にも効果が認められてハゲ治療薬になりました。

この過程、あのクスリに似ていますね。

 

そう、バイアグラ。

 

バイアグラは心臓病のために開発していたけれど、思わしくないことから開発中止しようとしたところ、治験者たちが試験薬を返そうとしないことから勃起不全に役立つことが分かりました。

ちょっと話がそれましたが、フィナステリドとミノキシジルにおいてもバイアグラといろいろいろな面でリスクが似ています。使用する際はそのリスクをしっかりと認識してください。

 

前立腺よりもハゲに効果を発揮したフィナステリド配合治療薬

男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結合することで、より強い男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)に変化、これが毛乳頭にある男性ホルモン受容体と結びついてAGAを発症させます。

 

つまり5αリダクターゼとテストステロンの結合を阻害すればAGAは発症しないわけですね。

 

フィナステリドには5αリダクターゼを阻害、DHTを抑制する効果があるという臨床結果から2005年10月に厚生労働省がAGA治療薬として認可しました。

フィナステリドを開発したのはアメリカのメルク社。

当初、前立腺肥大や前立腺癌の治療薬として研究されましたが、前立腺治療には思わしい結果が出なかった代わりに治験者のハゲ進行を食い止める効果が見られたため、AGA治療薬として発売されました。

プロペシアの商品名で世界60カ国以上で使われており、日本では特許の一部が2015年に切れたため、インド製のフィンペシアなど後続の治療薬が販売されています。

 

ミノキシジル配合の治療薬開発のきっかけは高血圧予防

アップジョン社(現在のファイザー)は高血圧を解消するためにミノキシジルを主成分とした経口薬を開発中、血管を拡張させる作用がハゲ対策に効果を発揮することが分かり、アップジョン社はすぐに「ロゲイン」の商品名で販売を開始しました。

当初は経口薬もありましたが副作用が発見されたため、現在は頭部に塗布する外用薬として販売されています。

ミノキシジル配合の治療薬が持つメリットは薬剤師が常駐する薬局、ドラッグストアであれば薬剤師から商品説明を受けることで購入できる第1類医薬品に認定されていることです。

フィナステリド配合の治療薬は医師の処方箋がないと販売できないため、AGA専門クリニックに行かなければならないというデメリットがあるので、ハゲに悩む人が最初に入手する治療薬はミノキシジル配合の塗布薬が圧倒的に多くなっています。

日本では大正製薬からミノキシジルを5%配合したリアップX5が2009年から販売を開始、発売当初はバイアグラとよく比較され(ともに生活改善薬と呼ばれた)、高い人気を呼びました。

 

ハゲ治療薬を使う前にデメリットがあることを知っておく

フィナステリドとミノキシジルは薬効が異なるので併用が可能です。

飲むだけでAGAの直接原因となるDHTを抑制し、塗るだけで頭皮の毛細血管を拡張させる効果があればこれだけでハゲ対策は完璧、まさに鬼に金棒、と誰しも思うところ。

 

でも、ちょっと待ってください。

 

両成分の効能には完全に塞がった毛穴の部分(つまりハゲの部分)から発毛するとは書かれていません。また両成分には副作用がはっきりと書かれています。

 

しかもAGA専門クリニックや薬局、ドラッグストアといった正規ルートでの購入ならともかく、ネット通販で手に入れた治療薬にはいろいろな危険性があります。

 

薬効は違ってもクスリの注意点や広がり方がバイアグラとまったく同じですね。

意外と知られていないハゲ治療薬の落とし穴、ここからが本番です。

 

フィナステリドとミノキシジルの副作用とは?

フィナステリドには以下のような副作用があります。

・性欲減退
・勃起機能の低下
・精子減少
・鬱状態

発症率は最高で1.8%、最低で1%の範囲内なので、ほとんど影響がないようにも思われますが、その副作用が自分に出ないという保障はありません。

前立腺の治療薬として開発された経緯が副作用に出ていることは明らかですね。最初から性欲が少ない人であれば勃起機能の低下もたいしたことはないと感じるでしょうが、これから子作りを考えている人にとって精子の減少は大問題です。不安な人は使用を控えた方がいいでしょう。

 

次にミノキシジルの副作用を以下に説明します。

・低血圧・不整脈・動悸
・多毛症
・にきび・肌荒れ

ミノキシジルは高血圧抑制を目的として開発されたので、高血圧の症状がない人が使用すると血流の副作用、低血圧や不整脈、激しい動悸といった症状が起こる場合もあります。これらの副作用が出た場合はすぐに使用を中止して医師の診断を受けてください。放置すると重篤な事態を招きかねません。

多毛症はミノキシジル内服薬で起きる副作用です。胃で吸収されたミノキシジルが血流に乗って全身に回るため、毛髪だけでなく体毛まで濃くなってしまう症状が報告されています。この副作用からファイザーは内服液の販売を中止しましたが、他のメーカーからミノキシジルタブレットなどが販売されています。

 

ということで、濃い体毛が苦手な人は内服液の使用を見合わせた方が賢明です。

 

また毛細血管の拡張は皮膚の成長を即すことから皮脂腺分泌液も盛んになります。これが肌荒れや吹き出物の原因になるという副作用もあります。フィナステリドのように発症率は明らかになっていませんが、副作用はハゲ対策治療薬のリスクと考えておく必要があります。

 

ハゲ治療薬の個人輸入は高リスク

現在、フィナステリド配合の治療薬はAGA専門クリニックで医師の診断を受けなければ購入することができません。しかしネットの通販を利用すれば海外から個人輸入という形で手に入れることができます。

この辺りもバイアグラの市場にそっくりですね。

AGA治療薬は生活改善薬として扱われるので医療保険が効かず、バイアグラと同じクリニックの自由診察になるので診察料は高額になります。

個人輸入であれば1/3程度の価格ですから、医師の診断を受けずに購入する人が増えてくるのは当然の成り行きのように思われます。

 

しかしクスリの個人輸入は高リスクです。

購入した商品が偽物で身体に損傷が発生した場合でも、ネットの通販サイトは個人輸入代理店なので責任は一切持ちません。販売元に問い合わせても偽物を販売するくらいなので対応能力はなく、どのような症状が起きようと泣き寝入りするしかないのです。

 

フィナステリドだけでなくミノキシジル配合のハゲ治療薬も個人輸入できますが、あくまで自己責任であることを覚えておいてください。

まとめ

ハゲ治療薬はAGA専門クリニックの医師の指示に従い、服用量や塗布量をきちんと守っている限り、ハゲ対策に役立つはずです。もっとも、ハゲにはいろいろな原因が絡んでいるので万人に効果があるわけではなく、またほんのわずかですが副作用の例があります。

フィナステリドとミノキシジル配合の治療薬は服用や塗布を中断すると効果も止まってしまい、ハゲ進行が再開します。つまり完治がなく、治療をずっと続けなければならないということ。

植毛であれば1〜2回の施術で終わり、以後は自毛がしっかり育っていくので治療のためにAGA専門クリニックへ通う必要はありません。治療薬が現在のハゲ部分を強化するだけに対して植毛はハゲている部分の育毛を行うことも可能です。

どちらのち療法がハゲに対して効果があるのか個人差があるので一概には言えませんが、これから治療薬を始めようという人、あるいは治療薬を使っても効果が薄いという人は一度、植毛施術との比較検討することをお勧めします。

-知識
-,

Copyright© shokumou-online , 2018 All Rights Reserved.