植毛 知識

女性の植毛にかかる値段

更新日:

女性の髪は健康体である限り、若年層の段階から男性のように薄毛になったりハゲたりすることはありません。しかし出産直後や加齢によって抜け毛や髪に元気がなくなって細い髪になることがあります。

髪全体の本数は同じでも細くなれば当然、ボリュームがなくなってきます。

これを一般的にびまん性脱毛症と呼んでいます。効果的な対処法のひとつには自毛植毛の施術がありますが、やはり気になるのは値段。

そこで今回は、当サイトを運営しているスタッフの1人である私が「女性の植毛にかかる値段」と題し、女性の薄毛状態別における自毛植毛施術の値段を紹介します。

女性に最適な施術は「FUE方法」

女性特有の薄毛、びまん性脱毛症に対する施術方法や値段は基本的に男性と変わりありません。

 

クリニックによって施術方法や値段が変わるのは男性も同じです。値段を抑えて、しかも安心して施術を受けるためにはクリニック選びが大切です。

 

自毛植毛は元気な毛が生えている頭皮部分の毛根(自毛植毛ではこれを株またはグラフトと称します)を採取して元気のない頭頂部や生え際に移植する外科手術です。植え込む作業には大差ありませんが、ドナーとなる株の採取方法は2つあり、大きく異なります。

FUT方法は側頭部や後頭部といった比較的元気な株が生えている頭皮の一部を薄く切り取り、ピンセットで株を引き抜きます。FUE方法はパンチグラフトという専用器具で株をひとつずつくり抜きます。

FUT方法は大量の株を一度に採取できるので植毛面積が広い人に最適である反面、切り取った頭皮を縫い合わせなければならないのでどうしても縫合跡が残ります。

FUE方法は株をひとつずつくり抜くのでわずかな白い跡が残るものの、切り取っているわけではないので縫合する必要はありませんが、時間と手間がかかるのでFUT方法に比べると値段が高くなります。

 

女性の場合、男性のようにハゲるということがないので少ない株数で済みます。縫合跡が残ることを嫌がる女性は多いのでFUE方法が最適です。

 

植毛施術の値段は基本的に男性と同じ

自毛植毛は外科手術といっても審美目的なので健康保険が使えません。

美容整形と同じですね。

したがってクリニックの自由診察となるので値段は各クリニックが自由に設定できます。同じFUE方法でもクリニックによって異なるのは自由診察であること、また各クリニックはFUE方法を進化させて独自の技術で施術していることが主な理由です。

 

FUE方法の値段は1株当たり700〜1,200円、女性に多い頭頂部の施術では約1,000株が最低でも必要なので70〜120万円の値段になり、これにクリニックによっては基本料金10〜30万円が加わった値段になります。

 

額の生え際にボリュームを与えたいというだけでも自然な仕上がりにするためには最低800株は必要なので、56〜96万円+基本料が値段となります。

ただし、どのクリニックでも同じだから料金だけで選ぶというのは早計。

女性のびまん型脱毛症はAGA(男性型脱毛症)と似ていることからFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれることもありますが、AGAほど解明されておらず、びまん型脱毛症特有の症状もあるのです。

 

植毛と治療を併用する「アスク井上クリニック」

したがって、自毛植毛クリニックの事前カウンセリングでびまん性脱毛症と診断された場合、その症状に合わせた自毛植毛の施術と治療が行われるのか確認した方が賢明です。

たとえば東京・新宿にある「アスク井上クリニック」では、女性に対する植毛は施術と育毛剤の併用を勧めています。

男性のAGAは遺伝子的要素が強いことに比べ、女性のびまん性脱毛症は遺伝的要素が少ないため、慢性的休止期に入っている毛根部分を成長期に変換させるグロースファクターGFを主な処方薬に使い、休止期を過ぎて退行期のままになっている毛穴部分に関しては植毛施術を行います。

また脱毛部分に関しては移植する株の定着率が男性に比べて女性の方が悪くなることから、側頭部や後頭部から男性以上に元気な株を選択して採取しています。

一般的にFUE方法は株採取部分を刈り上げなければなりませんが、「アスク井上クリニック」では刈り上げずに採取するアンシェーブンi-SAFEという独自の技術を持っており、これを使用した時の値段は頭頂部の分け目で1,000株移植した時は188.5万円、髪の毛全体が薄くなり、1,500株移植した時は233.5万円の値段になります。

 

まとめ

「女性の髪は命」とは古くから言われている諺。

女性にとって、その髪が薄くなることは存在意義にも関わってくること。自毛植毛の施術で薄くなった髪が再び、しかも自毛で増えるのであれば自信の持ち方も変わってくるはず。

確かに自毛植毛は審美目的なので費用は高いのですが、考えてみれば国産車1台分よりも安い値段です。男性が遊興費に使っている値段を考えればずっと安いもの。

美しい髪を取り戻すために施術を受ける、と旦那様に相談すれば、それを断る旦那様はいません。自毛植毛の施術を受けて女性としての自信もついでに取り戻してください。

 

-植毛, 知識
-, , , ,

Copyright© shokumou-online , 2018 All Rights Reserved.