植毛 知識

切らない植毛をすれば仕上がりに怯えることはない!

投稿日:

「自毛植毛って頭の皮膚を切るんでしょ?」
「やっぱりすごく痛いの?危険じゃないの??」

このサイトの運営スタッフの1人である私は自毛植毛の経験者なので、このような内容の質問をよく受けます。

こう言うとなんだか上から目線になりますが、かく言う私も施術前は頭皮にメスを入れることに対して不安があり、やはり同じように聞いていた覚えがあります。

自毛植毛は審美目的で生命に危険が及ぶわけではないといっても外科手術なので当然、痛いです。そのために部分麻酔をかけるわけですから。

しかし、痛いと危険は異なります。

また頭皮を切るというのも間違いではありませんが、必ずしも正解というわけではありません。

自毛植毛には切らない施術方法もあるのです。

そこで今回は「切らない植毛をすれば仕上がりに怯えることはない!」と題し、自毛植毛の方法のひとつ、「切らない」FUE方法について詳しく解説します。

「切る」と「切らない」の違いはドナーの採取方法

厳密に言うと、頭皮を切らない自毛植毛の施術方法はありません。

毛根まで含めた部分の株(グラフトとも呼びます)をなんらかの方法で採取、それを別の部分に埋め込むためには頭皮を2〜3mm切らなければなりません(これをスリットと呼びます)。株を頭皮にくっつけただけでは自毛が育たないくらい、誰でも分かることですね。

 

スリットを作るためには当然、メスを入れます。

 

最近ではこの作業を自動化させた自毛植毛ロボットによる方法やスリットではなくホール状にする方法もありますが、頭皮を切ることには変わりありません。自毛植毛の施術後、株を移植した部分から出血があるのはその証拠です。

自毛植毛の施術で「切らない」と表現しているのは株採取のために頭皮の一部を「切らない」FUE方法のことを指しています。

 

切る自毛植毛「FUT方法」にもメリットがある

では、「切らない」FUE方法に対して、「切る」自毛植毛の施術方法はどのように行うのでしょうか?

 

自毛植毛で一般的に「切る」施術はFUT方法を指します。

 

薄毛やハゲの部分に株を移植する方法はFUE方法と同じですが、株を採取する時に側頭部や後頭部など株の健康な部分から幅1〜2cm、長さ10〜20cm、深さ3〜4mm程度の頭皮を切り取り、その切り取った頭皮から植え込むための株、つまりドナーを取り出します。

切り取った部分はすぐに縫合手術を行いますが、時間が経過すれば完全に消えるというものではなく、やはりうっすらと残ってしまいます。これが「切る」FUT方法のデメリットとして上げられます。

 

ただし、自毛植毛のFUT方法はまとめてドナーを採取できるので株が健康なうちに移植できるため、定着率が高いこと、頭皮採取部分は比較的髪が豊富な部分なので髪を伸ばせば隠せること、色素を埋め込んで周囲の頭皮や毛穴と同じような色に見せて目立たなくできる、などメリットや対処法もあります。

 

「切る」自毛植毛の施術方法だからといって敬遠せず、最終的にどのような髪型にしたいのか医師と相談しながら自毛植毛の施術方法を決めた方が賢明です。

 

切らない自毛植毛「FUE方法」最大の特徴

「切らない」自毛植毛の施術「FUE方法」はドナーとなる株の採取にパンチグラフトという器具を使い、毛根部分までの頭皮下約3〜4mm部分までをくり抜きます。

ひとつずつくり抜き、またひとつずつ移植するわけですね。
くり抜くから「切らない」と表現されるわけです。

 

くり抜く部分はFUT方法と同じく側頭部や後頭部になりますが、切り取るわけではないので縫合による傷跡が残りません。これが「切らない」自毛植毛の施術、FUE方法の最大のメリットです。

 

側頭部や後頭部を短く刈り込んで額や頭頂部を伸ばすヘアスタイルにしてみたい、髪を洗った時や風が吹いて髪が乱れた時に縫合跡が少しでも見えたらイヤだ、触った時に傷の感触が残るのは精神的にダメージを受ける、というタイプの人は「切らない」自毛植毛のFUE方法が向いています。

 

切らない「FUE方法」のその他メリットとデメリット

自毛植毛の施術は「切る」FUT方法と「切らない」FUE方法があります。

クリニックの多くはどちらの自毛植毛施術も行える体制を整えており、患者の希望や薄毛の状態、ドナーを採取する側頭部や後頭部の状態でどちらにするか決めますが、クリニックによっては植毛施術の持論からどちらかを優先するところもあります。

頭皮を切り取ることに怯えるようであれば自毛植毛の「切らない」FUE方法の推奨を行なっているクリニックを探す方が安心して自毛植毛の施術を受けることができます。

FUT方法の有効性を持論としているクリニックであまり「切らない」FUE方法にこだわると自毛植毛の施術そのものに不安を抱えることにもなりかねません。

「切らない」FUE方法は縫合跡が残らない以外にもメリットがある反面、やはりFUT方法と比べた時のデメリットもあります。以下にその両方を解説します。

 

切るFUT方法より費用は高めの切らないFUE方法

自毛植毛施術のFUE方法における費用は1グラフト約1,000〜1,200円、つまりFUE方法で1000グラフト移植すると100〜120万円が施術相場の中心価格帯となります。

 

1グラフトには1〜3本程度の毛があるので、1000グラフトでは約2000本程度になります。

 

もちろん1グラフトの自毛植毛施術をしてくれるクリニックはなく、施術のための最低グラフト数があり、費用も少なければ1グラフト当たりの単位が高価になり、多くなるほど安くなるというスライド式算出のところやグラフト数とは別に基本料金を徴収するクリニックもあります。

 

費用に関してはサイトで調べるだけでなく実際にクリニックのカウンセリングを受けている時に確認してください。

 

FUT方法は1グラフト当たり700〜900円のところが多いので費用はデメリットになりますが、「切らない」ことのメリットを考えれば十分にお釣りがくる程度のことですね。

 

切らないFUE方法であれば仕事への復帰も早まる

「切る」FUT方法よりも「切らない」FUE方法は施術後の縫合跡だけでなく、ドナー採取でもメリット部分があります。頭皮を切らないで株だけくり抜くため、施術後の回復が早く、事務職であれば(容姿さえ気にならなければ)翌日からでも仕事に復帰することができます。

 

一方、頭皮を切り取るFUT方法は縫合して皮膚がしっかりと癒着しないうちは、縫合部分の保護が必要なので仰向けに寝ることもできず、仕事の復帰も「切らない」FUE方法に比べると遅れがちになります。

 

自毛植毛の施術を受けるのであれば1週間程度の休みが欲しいところですが、そんな長期間休みが取れない人はFUE方法が適しています。

FUE方式は株採取のために採取部分を刈りあげるのが一般的でしたが、最近はクリニックによって刈り上げずに短く切るだけで施術するところもあります。

 

この点も事前にカウンセリングで確認した方がいいですね。

 

まとめ

自毛植毛の「切らない」FUE方法であれば、間違いなく仕上がりがきれいになる!と思いがちですが、それは早計というもの。

「切らない」FUE方法はあくまで縫合跡が残らないというだけであり、最終的な仕上がりの良さは採取した株の植え込んだ部分にあります。密集度が足りなかったり希望したラインが出来ていなかったりした場合はきれいな仕上がりになっているとは言えません。

 

つまり、仕上がりは「切る」「切らない」の植毛施術方法よりも医師の技術にかかっているのです。

 

「切らない」FUE方法ならどこでも良いというわけではなく、やはり「切らない」FUE方法で定評のあるクリニック選びが大切になります。

「切らない」FUE方法を選択したのに仕上がりに満足できない、といった事態を避けるためにも信頼できるクリニックで植毛施術を受けてください。

 

-植毛, 知識
-, , , , ,

Copyright© shokumou-online , 2018 All Rights Reserved.