植毛 知識

ピンポイントで植毛したい場合の具体的手順

更新日:

植毛手術はAGA(男性型脱毛症)で悩む人にとって最良の対処法です。

薄毛やハゲの悩みは人類が文明的な生活を送り出した時から始まっていますが、植毛技術が進化したのはつい最近のこと。それだけにまだ知名度や内容について不明な点や誤解を持つ人が多くいます。

たとえばピンポイント植毛もそのひとつ。

薄毛が目立った部分だけに植毛すれば費用も安く抑えることができます。

そこで今回は、このサイトを運営しているスタッフの1人である私が「ピンポイントで植毛したい場合の具体的手順」と題し、施術でピンポイントを行う場合の手順や費用について説明します。

ピンポイントでも植毛の手順は変わらない

M字になりつつある額や頭頂部など髪全体の中で薄毛の部分を発見すると、そこから薄毛やハゲが広がるのではないか、という不安は男性なら誰でも当たり前のように持つものです。

薄毛やハゲの面積が少ないと一般的には費用の安いAGA治療を行いますが、AGA治療は個人差があるため、AGA治療をしても改善されないことがあります。

そのリスクを考えると最初から植毛に踏み切った方が確実に薄毛やハゲを解消できます。

額の生え際や頭頂部といったピンポイントのわずかな面積であれば少ない費用で、しかも施術したことが回りにバレるリスクも最小限に抑えることができます。

ただし、施術はわずかな面積のピンポイントでも手順に変わりはありません。

最初に事前カウンセリングを受け、本当に施術が必要なのか医師が判断します。親切な医師になるとAGA治療で改善できる場合はあえて植毛手術をしない場合があります。その際は別のクリニックに行ってセカンドオピニオンを受けても構いませんが、できれば医師の指示に従った方が良い結果が得られます。

事前カウンセリングで施術が必要と判断されると、次に植毛デザインを行います。ヘアシートを頭に被せ、どの部分に毛を植えるか描き、それを患者に見せます。その段階で納得できれば施術日を決める段取りとなります。

なお、ヘアシートのデザインが気に入らない場合は正直に医師へ告げてください。定評のあるクリニックであれば、ヘアシートのデザインについてきちんと説明してくれますし、患者が納得しないうちは施術を決めることはありません。

 

費用は株の採取方法やクリニックによって異なる

事前カウンセリングで施術日が決まったら、後は当日、クリニックへ行って施術を受けるだけです。ピンポイントであれば施術時間は短く済むので半日も見ておけば終了します。

なお、ピンポイントによる株(頭皮下の毛根部分までのこと。植毛では株またはグラフトと呼び、数量で施術費用が決まる)数はクリニックによって若干異なりますが、額の生え際程度であれば200〜300株、つむじの場合は少し多めで500株前後となります。

費用は株の採取方法によって、またクリニックによって大きく異なります。

ピンポイントの植毛であっても株採取はAGAの影響を受けない側頭部や後頭部から採取しますが、クリニックによって頭皮の一部を切り取り、そこからピンセットで株を選り分けるFUT方法を採択するところとパンチグラフトと呼ばれる専用器具を使って株をひとつずつくり抜くFUE方法を採択するところがあります。

どちらにもメリットとデメリットがあるものの、ピンポイントの植毛は株数が少ないのでFUE方法を採択するクリニックが多い傾向にあります。

ただしピンポイントの施術費用はFUE方法が若干高くなり、200株では40万円から50万円が相場となっています。クリニックによってはこの金額に基本治療費という名目で20〜40万円加わることもあるので、事前に必ず施術費用の概要を確かめた方が無難です。

 

施術後は注意事項を必ず守ること

ピンポイントの植毛施術は半日程度で終了、その後は翌日、クリニックに行って術後のチェックをするだけです。とてもカンタンですね。

ただし、ピンポイント植毛であっても注意点は変わりありません。

植え込んだ部分は株が定着するまで刺激を与えないようにすることが大切。施術当日から1週間の洗髪ではシャンプーを使ったりガシガシと擦るのは厳禁、ぬるま湯で洗い流すようにしてください。

またピンポイントに株を植え込んだ部分はわずかですが出血しています。施術当日、血行がよくなる飲酒は植え込んだ株の定着を妨げる行為となるので注意してください。

他にも寝る際には施術部分を擦らない、激しいスポーツをしないなどの注意事項があります。それらの注意事項を守る期間は株が定着する1週間程度のことなので、けっして焦らずきちんと守りましょう。

 

まとめ

たとえピンポイントであったとしても植毛は医師の技術が仕上がりに大きく作用します。

とくにつむじ部分は自然な形を作るために高い技量が必要といわれています。

技術力が未熟な医師に当たると、ピンポイントのわずかな面積でも不自然な仕上がりになることがあるため、事前カウンセリングをしっかり受けて、信頼できるクリニックや医師であることを必ず確認してください。

植毛は一度行って失敗すると、採取した株がすべてムダになります。

限られた頭髪数を守るためにもクリニック選びは慎重に行いましょう。

 

-植毛, 知識
-, , , , , , ,

Copyright© shokumou-online , 2018 All Rights Reserved.