雑学

カツラを疑わずにはいられない芸能人リスト

投稿日:

日本全国の「ハゲ」を確実に敵に回したと言っても過言ではないのが豊田真由子衆議院議員。

秘書を罵倒するあまりにも下品な言葉の数々はとても国政を預かる衆議院議員の品位とは思えません。もっとも、衆議院議員の男性には豊田議員よりもさらに品格が劣るような方々が結構いらっしゃいますが。

それはともかく、あの絶叫しながらの「ハゲーーーー!」はshokumou-onlineの運営スタッフである私の胸にも深く突き刺さっています。

おそらく芸能人の中にも、あの絶叫を聞く度に思わず髪、というかカツラをこっそり押さえて確認した人も大勢いるはず。

そこで今回は「カツラを疑わずにはいられない芸能人リスト」と題し、髪の毛がフサフサでもじつはかつらではないのか?と噂が絶えない芸能人をピックアップしてみました。あくまでウ・ワ・サですからね。

私、ハゲリストに載っていてしかもカツラですがそれが何か?

芸能人のカツラの噂はとにかく絶えません。

だからカツラリストみたいなものができるのですが、依然、ハゲに対して偏見を持っている人が多いという一面を見る気がして心寒くなります。

 

芸能人はイメージが大切。

 

とくに若年層から爽やかなイメージで活躍していた男性芸能人にとって薄毛による印象ダメージは大きいものがある、と考えているフシがあります。しかし高齢になっても逆に黒髪フサフサは不自然なイメージになることが噂の元。

ハゲは以前ほど隠花植物的存在ではなくなり、場合によってはカミングアウトした方が好意的に受け止められている現在、徹底してカツラであることを隠すよりも堂々と公表した方が芸能人として仕事の量は確実に増え、新たなファンも獲得できるはず。

芸能人はイメージだけでなく目立ってナンボ、も大切です。

陰でぐちゃぐちゃ噂されるよりもスッキリするのでは?

それではカツラ疑惑が浮上している芸能人をピックアップしてきたいと思います。

 

カツラで注目を浴びた将棋界の異端児

image: fly-hallelujah.net/

 

豊田議員の罵声ではなく将棋界のスーパールーキー、藤井聡太四段の快進撃に合わせて知名度を上げたのが佐藤紳哉七段。

ことの始まりはフジテレビ系「バイキング」という番組で藤井四段の快進撃に対していろいろな棋士の感想をVTRで流すコーナーで、佐藤七段は「びっくりしましたね。羽生さんにも勝たれて…本当に脱帽です!」と言った途端、カツラを外しました。

 

これには番組MCの坂上忍も唖然。

 

じつは佐藤七段のカツラ、将棋界とファンの間ではすでにリストに載っていることで有名です。佐藤七段は対局中にカツラを取ったり、これもまた将棋界の異端児である橋本崇載八段との共同解説で散々カツラの話題でいじられています。

リストに載っている佐藤七段のことをあまり知らなかった芸能界、インパクトがあったことからその後も藤井四段が快進撃を続ける度に呼ばれ、そして締めには「脱帽です!」とカツラを取るシーンを繰り返しました。

藤井七段、リストに載るだけでなく歌って踊れる棋士を目指していただけに連日のTV出演、芸能人っぽくて少しだけ念願が叶ったというところでしょう。

 

合成動画流出にも動じない名司会者のカッコよさ

豊田議員の罵声に乗じてハゲのリストに名を連ねるお笑い系芸能人が盛んにTVに出るようになりました。

目立ってナンボ、を実践している人たちですね。

でも、それより以前に薄毛とカツラをTVで、しかもカミングアウトではなく放送事故と見せかけて話題性をさらった芸能人の名司会者がいます。

 

ご存じの通り、小倉智昭です。

image: matome.naver.jp

 

2003年3月31日、彼が司会をしている「とくダネ!」のオープニングで挨拶した時にカツラが落ちるというショッキングな映像をYouTubeで見た人は多いはず。

しかしこのYouTubeの画像、投稿者が合成した映像であることがその後、発覚しました。

小倉智昭がエラいのはこの先。

投稿者を訴えるでもなく完全にスルーして相手にしていませんでした。

そればかりか、カツラであることに興味を抱いている人にも公然とカツラであることを表明。今では小倉智昭が薄毛のリストに載っていてカツラであることは公然の事実であるため、芸能人としてネタにもなりません。

まさにリスト芸能人の鑑といえるでしょう。

 

注目されるアイドルや俳優ほど芸能人リスト疑惑の“マト”になる

カツラを堂々と公表している芸能人(1人は棋士ですが目立ちたがり屋なのでここに含めます)を2名紹介しましたが、公言している芸能人は他にもいます。

美川憲一もリストに載る1人。

image:talentirai.com/

 

デビュー以来、まったく変わらない髪型にカツラ疑惑は以前より持たれていましたが、本人曰く、さらりと「だってカツラの方がヘアメイク簡単じゃない?」と言ったことから、今では小倉智昭同様、リストに載っているものの、芸能人のカツラとしてまったく話題に上ることはありません。

もっとも、この人の場合はカツラなど話題にしなくても他に話題がいっぱいありますが。

 

単なるお笑い芸能人としての枠を超えて重鎮的存在になったタモリもリストの1人であることを隠していません。しかしあえてカツラを取った姿を見せないところにタモリの美学が感じられます。

 

これら公然と隠さない芸能人はやはり少なく、カツラリストの疑惑が持たれている芸能人の方が圧倒的にいます。

 

あの所属事務所のアイドルたちもリストの疑惑が絶えない!?

先ごろ解散したSMAP、約2名の芸能人は薄毛、リストの疑惑が絶えません。

 

リスト疑惑が発生するのは、何らかの証拠写真や疑惑的行動が元になっています。

 

約2名の芸能人も古い写真ではかなり生え際が後退していますが、最近の写真になるとフサフサになっていたり、あるいは帽子を被っていたりするところが多く、またバラエティでも髪の話題でいじられることが多いので薄毛からリストに載っている可能性は十分にあります。

リーダーはすでに44歳、もう1人の芸能人もすでに43歳であることを考えれば薄毛になってもおかしくはないのですが、やはりあそこの事務所の報道管制と所属タレントの芸能人イメージ管理は厳しいことで有名なので、イメージを損なうような事実、とくにリスト疑惑は表に出てこないのでしょう。

 

アイドルも大変です。

 

同じ事務所でSMAPよりも古株のアイドルグループ「少年隊」のリーダーが「SMAP×SMAP」に出た時のリスト疑惑に対するネットの反響には凄まじいものがありました。

髪型がやや左側だけ盛り上がっていたことから「髪が気になって仕方がないんだが」とか「ヅラに見えるの俺だけ?」とか「カツラなのか気になって内容が入ってこない!」などTwitterは一時、その話題で持ちきり。

とはいえ、「少年隊」のリーダーである芸能人はこの時すでに47歳。もうカツラになっていてもおかしくない年齢です。あまりそこんとこ、突っ込まないでもいいのではないでしょうか。

 

カツラ疑惑のカッコいい系俳優も今は薄毛が当たり前の歳に

リストの疑惑で必ず登場するのが神田正輝。

image: daliosite.com

 

「東京フレンドパーク」という番組に出演した時、アトラクションの「ウォールクラッシュ」でカツラが取れてしまい、収録が一時中断という事態が発生したと噂が流れました。これがチェーンメールで流布されたことがリスト疑惑最大の根拠です。

 

しかし神田正輝、じつは「東京フレンドパーク」に出演した事実がありません。
都市伝説がリスト疑惑を生み出したいい例ですね。

 

とはいえ、神田正輝すでに66歳、今さらリストに載ったから騒がれるという歳でもありません。また、同じく石原軍団でリストの1人と噂される舘ひろしも67歳。こちらもカツラで話題に上ることはないでしょう。

 

こうしてリストの疑惑の芸能人を並べてみると、やはり頭髪が後退しやすい年齢の男性芸能人ほど噂に上がりやすいといえます。

男の40代はまさに薄毛の適齢期。

噂になる前に、早めに植毛をして自然な髪型を維持した方が、不自然なカツラよりもずっと男前としてのイメージを保てるでしょう。

 

まとめ

歳を取っても黒髪フサフサでカツラが疑われるのであれば、リストへ真っ先に名前が上がってもいいのが安倍晋三内閣総理大臣ではないでしょうか?

安倍首相の母方の祖父、昭和の妖怪と恐れられ、内閣総理大臣を2期務めた岸伸介の髪型はかなり後退しており、薄毛が母方から遺伝することを考えれば安倍首相の真っ黒でフサフサの髪は尋常ではありません。

また首相という激務はストレスを増大させるため、歴代首相は任期以前に比べると格段に髪が薄くなります。あんなに真っ黒でフサフサのままということは、激務のために髪が急に薄くなったことからカツラにしたとしか思えません。

だからこそ豊田議員は自分の罵声で安倍首相を傷つけたと思い、離党届を速やかに提出したのでしょう。

本人が公表していない限り、どこにハゲでカツラを被った実力者がいるかわかりません。くれぐれもハゲとカツラに関する暴言は慎んでください。

その方が御身のためです。

-雑学
-,

Copyright© shokumou-online , 2018 All Rights Reserved.