植毛 知識

わかりやすく解説!植毛施術の流れ(フロー)

更新日:

自毛植毛は日帰りできるほど身体的負担の少ない施術ですが、審美目的とはいえ外科手術には違いありません。

施術を受けるためにはやはり外科手術に相当した一連の流れがあります。これから自毛植毛の施術を受ける人は、その流れを把握しておいた方が不安は少なくなるはず。

そこで今回は、このサイトを運営しているスタッフの1人である私が実際に行った自毛植毛の施術を踏まえて「わかりやすく解説!植毛施術の流れ(フロー)」と題し、施術前と施術当日、そして翌日の流れについて説明します。

なお、クリニックによって若干の違いがあるので、おおまかな流れと解釈してください。

施術の流れをすべて決める「事前カウンセリング」

自毛植毛の施術前は以下のような流れになります。

・事前カウンセリングを受ける
・問診票を書く
・医師が診察する
・施術が必要な場合は本人確認を取る
・本人が施術を受ける場合、ヘアデザインを行って植毛する総株数を計算する
・施術日と施術費用を決める
・血液検査をする

 

事前カウンセリングはほとんどのクリニックが無料で行っているので、安心して受けることができます。ただし、いきなりクリニックに行っても事前カウンセリングは受けられないので必ず予約してください。

 

自毛植毛は医師の技術が仕上がりを大きく左右します。1度でも植毛すれば気に入らないからといっても変更ができず、再施術しか方法がありません。アクシデントを避けるためにも事前カウンセリングが重要になります。

 

ヘアデザインをする段階で、植毛が不必要な部分に施術を強要したり総株数がやたらと多いところは避けた方が賢明です。できるだけ多くのクリニックの事前カウンセリングを受け、信頼できる医師のいるところを選んでください。

なお、クリニックによっては施術が決まると一時金を支払わなければならないところもあります。一時金に関しても事前カウンセリングで確認しましょう。

 

施術が始まったらクリニックにすべてお任せ

自毛植毛の施術当日は以下のような流れになります。

・指定された日時にクリニックへ行く
・同意書を記入する
・手術服に着替えて手術室に入る
・FUE方法の場合、株採取部分の髪をバリカンで短くする
・頭皮に麻酔をかけ、FUT方法の場合は頭皮の一部を薄く切り取ってドナー株を採取する
・頭皮にスリットやホールを開け、採取した株をひとつずつ植毛する
・植毛したら最終チェックを行い、問題がなければ頭部に包帯やガーゼをあてがう
・そのまま帰宅

 

採取する株数にもよりますが、自毛植毛の施術時間は全体の流れの中で4〜8時間程度。

大量の株を移植するメガセッションの場合は途中、休憩も入ります。また施術中に洗面所へ行きたくなった場合でも流れは中断されますが、やはりスムーズな施術を行うためにも洗面所は事前に行っておいた方がいいですね。

施術に関する患者の不安はなんといっても痛み。

とくにFUT方法は頭皮の一部を薄いとはいっても切り取るわけですから痛いのではないかと考えるのは当然のこと。

 

しかし実際の施術で痛みを感じるのは最初の頭皮に打つ麻酔の時だけです。あとは頭皮の感覚が薄れるので株採取、株植毛の両方の時でも痛みを感じる事はありません。もし、痛みを感じ続けた時ははっきりと医師に告げてください。

 

なお、移植する株の植え込みは医師1人でやるのではなく、ほとんどのクリニックが数名の看護師と共に行います。

 

要注意!施術当日は患者の行動が定着率に影響する…

施術翌日の流れは以下のようになります。

・指定された時間にクリニックへ行く
・包帯を取って施術後の状態を医師が確認する
・問題がなければ施術は終了となる

 

翌日の流れはいたってシンプルです。

FUT方法で施術した場合、切り取った部分の縫合を行うため、1週間後程度に再度クリニックに訪れて抜糸します。クリニックによっては縫合糸を体内に溶け込む素材を使っているところがあり、その場合は再訪する必要がありません。

これはあくまで病院側が用意している流れです。施術した株の定着率を高めるための流れとしては患者自身が守らなければならない流れもあります。

とくに施術当日は注意事項に細心の注意を払う必要があります。

 

移植した株の底部にある毛乳頭は頭皮下の毛細血管とつながっていないため、わずかの刺激でも抜け落ちてしまうので移植した部分を擦ったりするのは厳禁、血行を高める辛い食事や飲酒、血管を収縮するタバコも避けなければなりません。

 

また寝る時も柔らかい枕ではなく固い枕を使った方が移植した部分が接触しません。

患者自身の責任も果たして、初めて自毛植毛の施術の流れは完成するのです。

 

まとめ

自毛植毛の流れを大局的に見ると、施術後当日を含めて移植した株が定着するまでの1週間がもっとも大切な時期で、1ヶ月を過ぎると移植した株は完全に定着しているので普段通りの生活が送れます。

さらに3〜4ヶ月すると移植した株から産毛が見え始め、9〜12ヶ月経てば既存毛と変わらぬ長さになります。

自毛植毛のメリットは自毛が生えてくればヘアケア以外に特別なメンテナンスが要らないこと。

自毛が育ってきたら自由なヘアスタイルを楽しみましょう。

 

-植毛, 知識
-,

Copyright© shokumou-online , 2018 All Rights Reserved.