植毛 知識

こめかみに植毛ってできるの?

投稿日:

AGA(男性型脱毛症)には進行パターンがあり、多くの男性はⅠ型、つまり額の生え際から始まります。

いわゆる「こめかみ」の部分ですね。

この部分で薄毛が進行してもあまり気にしない男性がいます。しかし生え際が薄くなった時はAGAが確実に進行している証です。

早めに対処することでAGAの進行を目立たなくさせることができ、また治療に関する費用も安く済ませることが可能です。

そこで今回は「こめかみに植毛ってできるの?」と題し、このサイトの運営スタッフの1人である私がこめかみの自毛植毛について説明します。

AGAのⅠ型は頭頂部薄毛と同じくポピュラーな進行状態

こめかみ、とは額の両端でものを噛むと動く部分。
米噛みが語源です。

この部分が薄くなった男性の多くは最初に育毛用のスカルプケアシャンプーやAGA治療薬で対処しようとしますが、必ずしも思ったほどの効果がなく、人によってはまったく育毛が見られないケースもあります。

 

AGAの進行パターンとしてはⅠ型と同時にⅡvertex型、いわゆる頭頂部から薄くなるパターンも多く見られます。AGA治療薬はⅡvertex型の方がまだ効果的で、こめかみ部分のⅠ型は難しいと言われています。

 

その理由は頭頂部よりもこめかみ部分の方が毛細血管が少いから。

AGAは男性ホルモンのテストステロンをⅡ型5αリアクターゼがジヒドロテストステロン(DHT)に変え、毛細血管から栄養を吸収しようとする毛母細胞の活動を阻害してしまうことが大きな原因です。

 

毛細血管の少ないこめかみから毛髪が失われていくのはAGAとしてもっともポピュラーな症状といえうわけですね。

 

AGA治療薬を投与または塗布するのも薄毛対策のひとつですが、それより効果的なのが自毛植毛です。

 

植え込まれた株からは自然な太さの毛が生えてくる

こめかみの部分に毛髪がなくなるとハゲが目立ちやすくなります。

 

とくに夏場、汗をかいた時などに前髪が濡れて張りついた時は本人が気がつかなくても周囲には明確に分かってしまうので、早めに対処したいところ。

 

逆にこめかみ部分がきれいに生え揃っていれば髪を指先で掻き上げることにも抵抗を覚える必要がありません。

自毛植毛の施術は基本的に毛が生えている部分または生える部分であればどこでも可能です。

 

中にはもみあげやひげを濃くしたい男性が頭皮からドナーを採取して植毛する例もあります。ドナー採取はAGAの影響を受けない側頭部や後頭部から行いますが、移植先でも同じように太い毛髪が生えるというわけではなく、個人の遺伝子情報に合わせた太さの毛が生えてきます。

 

こめかみの部分の自毛が比較的細い人の場合は植毛しても細くなり、逆に太い人の場合は植毛しても同じように太い自毛が生えてきます。

植毛の施術を受けても自然な仕上がりになるので周囲に分かってしまうことはありません。

 

自毛植毛の費用は長期的に見ると安上がり

こめかみが薄くなった時、自毛植毛の施術を早めに受けた方が良い理由のひとつに費用があります。

 

AGAは生命に関わる症状ではないため、治療はQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の一環となり、審美目的なので健康保険が使えません。

 

これはAGA治療薬も自毛植毛の施術も同じですが、AGA治療薬は効き目が不確かな上にずっと飲み続ける、あるいは塗布し続ける必要があります。

 

しかし自毛植毛の場合、施術部分に関してはヘアケアさえしておけば個人差はあっても年齢相応に生え続けます。つまり費用は1回で済むわけですね。

 

自毛植毛の施術費用は植え込む株の総数で決まります。

こめかみだけであれば面積も小さくなるので比例して費用もやすくなるのです。

 

一般的にこめかみだけであれば500〜800株程度と言われており、クリニックや施術方法によって若干の差はありますが40〜80万円の範囲内で収まります。

 

自然な仕上がりを実現するにはクリニック選びが大切

自毛植毛の施術は審美目的の自由診察といってもメスを使って頭皮に切り込みを入れるので外科手術となります。

 

つまり医師の技術がとても重要ということ。

 

移植するための株を採取する時だけでなく、こめかみへの植毛はヘアスタイルを決める時にとても目立つ部分だけに、自然な仕上がりに見せるためのデザイン力も求められます。

自毛植毛の施術を受ける前には必ず医師とのカウンセリングがあります。

 

そこでこめかみへの施術方法や仕上がりのデザインの説明、植え込む株数や費用の説明があるので、いくつかのクリニックを回り、カウンセリングを聞いた段階でもっとも信頼できるクリニックを選んでください。

 

自毛植毛の施術はやり直しがほとんどできません。

高い費用を払ったのに満足できない仕上がりでは後悔だけでなく将来的な希望も失われます。

そのリスクを避けるためにも慎重なクリニック選びが大切です。

 

まとめ

こめかみの生え際がきちんと揃っているだけで、見た目は大きく変わります。

AGAは若年層でも進行する男性がいて、この部分が薄毛またはハゲ始めると周囲の目が気になって行動力が乏しくなるだけでなく、自分に対しても自信を失うことがあります。

AGA治療でいろいろ悩んで投資しているのであれば早めに自毛植毛の施術を決断した方が無駄な労力を使わずに済み、人生のチャンスをそれだけ早くつかむことが可能になります。

こめかみだけならまだ植毛しなくてもなんとかなる、というのは素人の考え。

AGAが進行してこめかみと頭頂部付近の境目が分からなくなってからでは、自毛植毛の施術が大掛かりになることをお忘れなく。

 

-植毛, 知識
-, , , , ,

Copyright© shokumou-online , 2018 All Rights Reserved.