知識 薄毛

お酒(アルコール)は薄毛進行に関係ない?

投稿日:

酒は百薬の長、とはよく言ったものです。

この諺が生まれた頃は今ほど科学技術が進歩しておらず、お酒の及ぼす功罪については見た目程度にしか分かっていませんでした。つまり少しの酒であれば血行を良くして気分も陽気になり、飲み過ぎれば二日酔いが待っているだけでなく依存症にまで発展するということですね。

お酒の功罪についていろいろなことが判明している現在、薄毛にも影響を与えていることが分かってきました。

そこで今回は「お酒(アルコール)は薄毛進行に関係ない?」と題し、薄毛とお酒(アルコール)の関係について、このサイトを運営しているスタッフの1人である私が解説します。

お酒を大量摂取すれば血中の糖度は確実に上がる!

薄毛に悩みながらも酒好きの男性にしてみれば、お酒を飲めば血行が良くなるので毛乳頭に届く毛細血管も開き、髪に必要な養分も届くのではないか?と考える人もいるはず。

お酒は確かに血行を良くしますが、糖質が多く含まれていることを忘れないでください。アルコールの摂取量が増えれば当然、血液中の糖質も増え、飲酒中は糖質が活動エネルギーに変換されることはないので脂肪として蓄積されます。

肥満体質になればアルコール摂取時以外は頭皮下の毛細血管を脂肪で圧迫することになるので血行は悪くなります。さらに脂肪量が多くなるほど毛根部分にある皮脂腺が過剰分泌を起こし、頭皮に必要以上の脂を出すことによって毛根を詰まらせたり雑菌のエサになったり、と薄毛を促進させます。

もちろん、少量のお酒を飲んだ程度ではこれらの現象がすぐに起きるというわけではないので、薄毛だからといってお酒を飲むことを止める必要はありません。過度の飲酒を避けた方がいいというだけです。

それよりお酒で肥満体質になると適度な運動が困難になり、糖尿病の危険性も出てきます。薄毛よりも体調に異変を起こすことの方が怖いので、くれぐれも適度な飲酒量を守ってください。

 

深酒をすればジヒドロテストステロンが増加して薄毛を進行させる

深酒をして翌日、気分最悪の二日酔いになった経験は酒好きなら誰でもあるはず。

この二日酔い、じつは薄毛にも影響を及ぼしているのです。

体内に入ったアルコールは肝臓でアセトアルデヒドに分解され、その後、さらにアセテート(酢酸)に分解されます。アセテートは血液中に入ると筋肉や脂肪組織で水と二酸化炭素に分解されます。吐く息がアルコール臭いのはこの二酸化炭素の影響で、アルコールを過剰摂取すると尿が近くなるのは分解された水の影響です。

アセテートに分解されると身体に悪影響を与えることはありませんが、アルコールを過剰摂取すると肝臓の分解能力が追いつかず、アセトアルデヒドがそのまま残ってしまいます。アセトアルデヒドは身体にとって有害物質のため、頭痛や胃もたれの原因、つまり二日酔い状態を引き起こすのです。

このアセトアルデヒド、さらに悪いことにジヒドロテストステロンを増加させる働きを持っています。薄毛、つまりAGA(男性型脱毛症)の原因はジヒドロテストステロンが毛母細胞の促進を阻害すること。

薄毛の人は二日酔いをするほど、さらに進行すると思っていた方が賢明です。

 

アルコール血中濃度で自分の適量を知る

薄毛や健康に影響を及ぼさない適度な酒量とはどの程度でしょうか?

一般的に酔いの段階はアルコールの血中濃度が基準になります。

0.02〜0.04%は爽快期と呼ばれ、陽気になったり爽やかな気分になる反面、判断力がやや鈍ります。お酒の量は概ねビール中瓶1本、日本酒であれば1合程度。

0.16〜0.3%になると酩酊期に入り、足元がふらついて何度も同じことを言ったり呼吸が早くなったり、人によっては吐き気や頭痛が始まります。お酒の量は概ねビール中瓶4〜6本、日本酒は4〜6合、ウイスキーはダブルで5杯程度。

0.41〜0.5%は昏睡期で、身体の機能を思うように動かせなくなり、意識がなくなります。呼吸はゆっくりと深く、寝たままの状態で嘔吐や大小便の垂れ流しをすることもあります。お酒の量はビール中瓶10本、日本酒は1升、ウイスキーならボトル1本空けた程度。ここまで飲むと急性アルコール中毒で死亡することもあります。

ただし、アルコール血中濃度が高くても平然としている人もいます。これは肝臓のアルコール分解能力に個人差があるからですね。適量は本人にしか分かりません。しかし薄毛に関しては血中濃度が高くなるほど糖質が多くなり、ジヒドロテストステロンが増えるので確実に進行すると心得てください。

 

まとめ

薄毛改善のために断酒するのはかえってストレスを増進させ、逆に進行の原因になることもあります。

自分の適量を守り、定期的な運動を続けて体調管理を行っているのであれば、それほどお酒と薄毛の関係に対して神経質になる必要はありません。

薄毛はお酒以外の原因でも進行するので、お酒を断つことよりもAGA治療を考えた方が効果的です。

適量を守っていても進行するようであれば、早めに植毛クリニックに行って適切な治療を受けてください。

 

-知識, 薄毛
-, , , , , , , , ,

Copyright© shokumou-online , 2018 All Rights Reserved.